SEO

2023年3月14日

自分でできるSEO対策とは?やり方・手順や初心者におすすめのツールを分かりやすく解説

Nobilista(ノビリスタ)という検索順位チェックツールを知っていますか?
Mac対応・インストール不要で毎日の順位を自動計測。
今なら7日間だけ無料で利用することができます。

>>Nobilistaを無料で利用する

記事タイトルとURLをコピーする

Webサイトで上位表示させるためにはSEO対策が必要です。
SEO対策には、自分でできる簡単なものからプロに任せるべき難しいものまでたくさんあります

我流でSEO対策を行ってしまうと、逆に検索順位を下げてしまう可能性が高まってしまいます。
自分でできるSEO対策は自分で行い、自分では難しい対策はプロに任せるのが最も効率的です。

ただ、自分でできるSEO対策プロに任せるべき対策やってはいけない対策の区別が付かない方も多いでしょう。

そこで本記事では、自分でできるSEO対策のやり方プロに任せるべき対策初心者におすすめの無料ツールを分かりやすく解説します。
やってはいけないSEO対策についても解説しますので、ぜひ最後まで読んで今後のSEO対策に活かしてください。

SEO対策とは?初心者にも分かりやすく上位表示の基本的なやり方を解説

SEO対策は自分でできるのか?

結論から言うと、SEO対策は自分でできます。
ただ、SEO対策に対する知見がない方が我流で実践すると、逆効果になってしまう可能性があります。
時間を浪費するだけでなく、成果につながることもありません。

そのため、自分でできるSEO対策は自分で行い、自分でできないSEO対策はプロに任せるのが効率的です。
これから紹介する内容を参考に、自分でできるSEO対策とプロに任せるべき対策を見極めましょう。

SEO対策は意味がない?必要な施策と効果のない施策をまとめて紹介

自分でできるSEO対策のやり方・手順

ここでは、自分でできるSEO対策のやり方・手順をご紹介します。
SEO初心者の方でも実践できる内容になっているので、1つずつ実践してみてください。

  1. キーワード選定をする
  2. 競合サイトを分析・調査する
  3. 結論ファーストの読みやすい文章を書く
  4. 魅力的なタイトルとディスクリプションを設定する
  5. コンテンツを増やす
  6. 内部リンクを設置する
  7. ページの読み込み速度を確認・改善する
  8. 定期的にリライトを行う

順番に詳しく見ていきましょう。

キーワード選定をする

SEO対策をする上で重要となるのがキーワード選定です。
キーワード選定ツールを使い、ユーザーが求めているキーワードを選別していきます。

おすすめのキーワード選定ツールは以下の通りです。

上記3つのキーワード選定ツールは全てGoogleが提供するツールで、無料で利用可能です。

キーワード選定で重要になるのが、そのキーワードの検索ボリュームです。
検索ボリュームとは、Googleなどの検索エンジンでどのくらい検索されたかを示す数値になります。
検索ボリュームが多いキーワードで上位表示できれば多くのアクセスが期待できます。

ただ、検索ボリュームの多いキーワードは競合サイトも対策するため、上位表示する難易度が高いです。
そのため、サイト立ち上げ期は、ロングテールキーワードを中心にコンテンツを作成することをおすすめします。

ロングテールキーワードとは、検索ボリュームが少なく、3語以上の単語からなるキーワードです。
「キャンプ 用品 ソロ」「ランニングシューズ 選び方 初心者」などがロングテールキーワードになります。

サイト立ち上げ期はサイトの評価も低いため、競合が多いキーワードで上位表示するのは非常に難しいです。
一方、ロングテールキーワードなら競合が少なく、新規サイトや個人サイトでも比較的上位表示を狙いやすいため、おすすめの戦略です。

SEOキーワード選定のやり方・コツとは?初心者に役立つ便利ツールも紹介

競合サイトを分析・調査する

キーワード選定をした後は、実際にそのキーワードをGoogleなどの検索エンジンで検索して、競合サイトを分析・調査します。
SEOでは、現状で上位表示できているサイト(記事)が正解と言えます。

そのため、検索上位に表示されている競合サイトを調査して、なぜ上位表示されているのかを分析することが大切です。
まずは、1位〜10位のサイトの構成を網羅しつつ、他サイトにはない独自のコンテンツを追加するのが理想です。

ただし、競合サイトのコンテンツをそのままコピーするのは絶対にやめましょう。

SEO競合サイトの調査方法とは?他社サイト分析に役立つ無料ツールも紹介

結論ファーストの読みやすい文章を書く

SEO対策では、読みやすい文章で書くことが大切です。
読みづらい文章だとユーザーはすぐに離脱してしまい、SEOでもマイナス評価を受けてしまうからです。

読みやすい文章を書くためには、以下の4つを意識してみてください。

  • 結論を先に書く
  • 1文を長くしすぎない
  • 専門用語を使わない
  • 型(テンプレート)を使って文章を書く

文章が苦手な方は、PREP法という型(テンプレート)を使うのがおすすめです。
PREP法とは「結論」「理由」「具体例」「結論」の順番で説明する文章構成方法です。

  • P(結論)
    SEO対策でわかりやすい文章を作るならPREP法がおすすめです。
  • R(理由)
    なぜなら、型に当てはめることで、誰でも簡単にSEOに強く読みやすい文章が書けるからです。
  • E(具体例)
    実際にこの記事を執筆している私自身もPREP方を意識して記事の執筆を行っていますが、数多くの記事でSEO上位表示を実現しています。
  • P(結論)
    したがって、文章に自信がない方はPREP法を使って文章を書きましょう。

分かりやすい文章を書こうとすると、どうしても長い文章になってしまいます。
しかし、長すぎる文章は逆にユーザーにストレスを与えてしまいます。

PREP法を使えば、文章が苦手な方でもわかりやすく無駄のない文章が書けるようになります。

魅力的なタイトルとディスクリプションを設定する

ページのアクセスを増やすには魅力的なタイトルとディスクリプションを設定することが大切です。

ディスクリプションとは、Googleの検索結果に表示されたときにタイトルの下に表示される内容を要約したものです。

Googleの検索結果には「タイトル」と「ディスクリプション」が表示されます。
読者はこの2つの情報を見て、ページを見るかどうかを判断するので、クリックしたくなるタイトルやディスクリプションを設定することが重要です。

特に狙ったキーワードで上位表示できているのに、なかなかクリックされない場合は、タイトルやディスクリプションを見直す必要があります。
タイトルやディスクリプションを設定する際は、必ず対策キーワードを含めるようにしましょう。

検索順位とクリック率の関係とは?平均CTRの目安と向上させるための具体的なノウハウ

コンテンツ量を増やす

SEOで評価されるためには、コンテンツ量を増やす必要があります。
ただし、コンテンツをただ単に量産すれば良いというわけではありません。
近年のSEOでは、コンテンツの量よりも質の方が重要視されています。

キーワードの検索意図に沿った内容に加えて、さらにユーザーを満足させられる魅力的なコンテンツを作成することが大切です。

なお、サイト内のコンテンツが少ない間は、高品質なコンテンツを作成しても評価されないことが多いです。
これは、Webサイト全体の評価がまだ低いからです。

高品質なコンテンツを増やしていけば、徐々にWebサイト全体の評価も高まっていきます。
そのため、コンテンツが少ない間は我慢の時期が続きますが、まずは高品質な50記事を目指しましょう。

SEOと文字数は関係ない?長文コンテンツほどSEOに強い理由

内部リンクを設置する

複数のコンテンツ同士で関連性がある場合は、内部リンクを設置しましょう。
内部リンクとは、自サイト内のページ同士をつなぐリンクのことです。

内部リンクを適切に設置することで、以下のようなSEO効果が期待できます。

  • クローラーが巡回しやすくなる
  • ユーザーの滞在時間が長くなる

Googleのクローラーは内部リンクを辿ってサイト内を巡回し、ページをインデックしていきます。
内部リンクが張られていないサイトでは、ページを公開してもインデックスされるのが遅く、検索結果に表示されない恐れがあります。

内部リンクを最適化することで、クローラーがサイト内のページをもれなく巡回でき、素早くインデックスされるというメリットがあるのです。

また、ユーザーに対しても内部リンクの役割は大きいです。
内部リンクが張られていないページは、そのページで直帰される可能性が高まります。

内部リンクを最適化することで、ユーザーは複数のページを連続で読んでくれる可能性が高まり、結果的に滞在時間が長くなるのです。
自サイト内で関連する記事があったら、内部リンクで繋ぎましょう。

なお、関連性の低い内部リンクを貼ると、質の低いコンテンツとみなされSEO評価が下がる可能性があるので、必ず関連性のある内部リンクを設置しましょう。

内部リンクとは?SEOに効果的な張り方や最適化のメリット・コツを徹底解説

ページの読み込み速度を確認・改善する

SEO対策をする上では、ページの読み込み速度も大切です。
ページが表示されるまでに時間がかかり、イライラした経験がある人も多いはずです。

ページの表示速度が遅いと、ユーザーは待ちきれずに離脱する可能性が高くなります。
実際にGoogleが行った調査によると、サイトの表示速度が1秒から3秒に落ちると直帰率が32%も高まるという結果が出ています。

・読み込み時間が1秒から3秒に落ちる:離脱率32%上昇
・読み込み時間が1秒から5秒に落ちる:離脱率90%上昇
・読み込み時間が1秒から6秒に落ちる:離脱率106%上昇
・読み込み時間が1秒から10秒に落ちる:離脱率123%上昇

引用:Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed

このように、ページの表示速度が遅いと、ユーザーにストレスを与えて離れてしまう原因になります。

実際に、Googleは2018年に「Speed Update」というモバイル検索の検索順位要素として、ページ表示速度を使用すると発表しています。
近年、スマホで検索するユーザーが増えたこともあり、特にモバイル検索の表示速度が最適化されたサイトが評価されやすいです。

Googleが提供する「PageSpeed Insights」を使い、ページの表示速度を計測し、遅いと判断された場合は改善が必要です。

まずは上記の3つを見直して、ページの表示速度を最適化していきましょう。

Webサイト表示速度の改善方法とは?読み込みスピードを計測するツールや数値の目安を紹介

定期的にリライトを行う

コンテンツは公開して終わりではありません。
完成した後も定期的にリライトを行い、品質を高めていきましょう。

リライトとは、すでに公開されたコンテンツを改善し検索上位を目指す施策です。
いきなり完璧なコンテンツを作成して、検索結果で1位になることはほぼ不可能です。

記事を公開したときに上位表示できなくても、何度もリライトを行い徐々に質を高めていければ、上位表示できる可能性が高まります。

リライトを行うタイミングは、記事を公開してから3か月〜6か月あたりが目安です。
具体的なリライト方法には、以下のようなものがあります。

  • タイトルや見出しをユーザーが検索したいものに変更する
  • コンテンツを追加する
  • 画像を追加して見やすくする
  • 最新情報に更新する

コンテンツ量が増えてきたら、リライトも並行で行い検索順位の向上を狙いましょう。

リライトのやり方とは?事例や効果が出るまでの時間、注意点を解説

自分でSEO対策を行う際に導入したいツール

ここでは、自分でSEO対策を行う際に導入したいツールを4つ紹介します。

  1. Googleサーチコンソール
  2. Googleアナリティクス
  3. キーワードプランナー
  4. Nobilista(ノビリスタ)

1つずつ詳しく見ていきましょう。

Googleサーチコンソール

料金無料
主な活用方法サイトマップの送信やインデックスの状況確認など

Googleサーチコンソールは、ユーザーがどのようなキーワードを検索して流入してきたかを細かく分析できるツールです。
また、検索結果に表示された回数やクリック率なども計測できます。

できることが豊富で、SEO対策をする上では欠かせないツールの一つです。
Googleサーチコンソールは、具体的に以下のようなことが調査できます。

  • どの検索クエリでユーザーが流入しているか
  • ページがインデックスされているか
  • どのページが何回クリックされているか
  • ペナルティを受けていないか
  • 外部リンク(被リンク)はいくつあるか

このようにGoogleサーチコンソールを使えば、サイトが抱える問題点が調査でき、サイトの改善を効率化できます。

なお、このGoogleサーチコンソールはGoogleの検索エンジンだけに対応しており、Yahoo!やBingなど他の検索エンジンのパフォーマンスは調査できません。

Googleアナリティクス

料金無料
主な活用方法アクセス数や滞在時間の確認など

Googleアナリティクスは、Googleが提供しているWebサイト解析ツールです。
利用するのにWebサイトの登録は必要になりますが、無料で利用できます。

Webサイトへのアクセス数やPV数、リアルタイムで閲覧されているページ、滞在時間など、Webサイトの分析に役立つ機能が豊富です。
SEO対策をする上で、ページの滞在時間は重要な指標になります。

ページの滞在時間が短いページはSEOでもなかなか評価されづらいので、改善の余地があります。
最優先でリライトするべきページが明確になるので、GoogleアナリティクスはSEO対策で欠かせないツールです。

キーワードプランナー

料金無料(一部有料)
主な活用方法キーワードの検索ボリュームや難易度の調査

キーワードプランナーは、検索キーワードの月間検索回数(検索ボリューム)を調査できるツールです。
キーワード選定をする際に欠かせないツールになります。

特に立ち上げたばかりのサイトは評価も低いので、検索ボリュームが大きいキーワードでコンテンツを作成しても上位表示するのは難しいです。
キーワードプランナーで検索ボリュームが小さいキーワードを調査して、コンテンツを作成すれば、効率的にサイト運営が行えます。

キーワードプランナーはGoogleが提供するツールで、利用するにはGoogleアカウントへの登録が必要です。
調査したいキーワードを入力すれば、関連するキーワードの候補やおおよその検索ボリュームが調査できます。

CSV(エクセル)ファイルで、キーワードを一覧にしてダウンロードも可能です。
基本的に無料で利用できますが、無料版では「1,000〜1万」「100〜1,000」といった一定の範囲の検索ボリュームしか調査できません。

Nobilista(ノビリスタ)

料金有料(7日間無料お試しあり)
主な活用方法・キーワードの検索順位の計測
・競合調査
・キーワード難易度分析

Nobilista(ノビリスタ)は、クラウド型の検索順位チェックツールです。
インストール不要でWindows・Mac問わず利用できます。

Nobilistaを利用すれば、対策キーワードの検索順位変動が一目で確認可能です。

  • 自サイトがどのようなキーワードで上位表示できているか
  • 狙っているキーワードの検索順位が今何位か?
  • キーワードがどのような推移で順位変動をしているのか

また、クラウド型タイプのNobilistaは、一般的なインストール型の検索順位チェックツールと比べて、以下のような特徴があります。

  • 自動で順位変動を取得(インストール型は手動で取得が必要)
  • スマホやタブレットでも計測可能(インストール型はPCのみ)

月額990円(パーソナルプラン)から手軽に利用できるので、企業はもちろん個人サイト運営者でも利用しやすいです。

さらに、今ならお試しとして7日間無料で使い放題です。
クレジットカードの登録も不要で自動更新もありません。
検索順位チェックツールの導入を検討している方は、ぜひNobilista(ノビリスタ)をご利用ください。

クレカ登録不要で7日間使い放題

Nobilistaを0円で利用開始する

SEO対策でやってはいけない施策

ここでは、SEO対策の中でやってはいけない施策を3つ紹介します。
下記3つの施策は、SEOでマイナス評価を受ける可能性が高いので、ご注意ください。

  1. 低品質なコンテンツの量産
  2. 被リンクを大量に購入する
  3. ガイドライン違反に該当する行為

1つずつ詳しく見ていきましょう。

低品質なコンテンツの量産

SEOで評価されるためには、ある程度のコンテンツ量が必要です。
しかし、低品質なコンテンツをいくら量産しても、SEOで評価される可能性はほとんどありません。

低品質なコンテンツとは、ユーザーの検索意図を全く満たさないコンテンツや文字数が少なすぎるコンテンツなどを指します。
低品質なコンテンツがサイト内に存在することで、他のコンテンツまでマイナス評価を受ける可能性があります。

そのため、コンテンツを作成する際は量ではなく質にこだわることの方が重要です。
1記事あたりの文字数は多ければ良いというわけではないですが、最低でも3,000文字程度は必要と考えましょう。
ユーザーの悩みに寄り添ったユーザー(読者)ファーストなコンテンツを作成しましょう。

SEOと文字数は関係ない?長文コンテンツほどSEOに強い理由

被リンクを大量に購入する

被リンクを大量に購入するSEO施策はやってはいけません。
被リンクとは、外部サイトが自社サイトに向けて貼られるリンクのことです。

被リンクを獲得することでドメインの価値が高まりやすく、SEOでも評価されやすくなると言われています。
そのため、被リンクを大量に購入して無理やりドメインの価値を高めようとする施策が流行しました。

しかし、被リンクは数よりも質の方が重要視されているため、ドメイン価値が低いサイトから大量の被リンクをもらっても、ほとんど意味がありません。
逆に自社サイトとの関連性が低く、低品質な被リンクを大量にもらうことで、SEOでマイナス評価を受けやすくなりました。

現在でも被リンクの大量販売が行われていますが、SEO施策には逆高価なので、絶対に購入しないようにしましょう。
ちなみに、被リンクを獲得するための方法を以下の記事で解説していますので、あわせて読みください。

被リンクの増やし方とは?良質な被リンクの獲得方法や事例を紹介

ガイドライン違反に該当する行為

Googleはユーザーのためになる検索結果を表示させるために、ガイドラインを設定しています。
ユーザーや検索エンジンを騙す悪質なサイトは、ガイドライン違反として検索結果から除外されるなどのペナルティが課せられます。

具体的なガイドライン違反にあたるもの・その可能性がある行動は以下の通りです。

  • 自動生成コンテンツ(プログラムによって作られた低品質のコンテンツ)
  • キーワードを詰め込みすぎる不自然な文章
  • コピーコンテンツ
  • 隠しテキスト・隠しリンク
  • 悪質なリダイレクト(別のURLに強制的に飛ばす行為)

上記のようなブラックハットSEOはあくまで一例で他にもあるため、詳しくは「品質に関するガイドライン」をご覧ください。
なお、Googleのガイドラインに違反した場合はGoogleサーチコンソールからメッセージが来ます。

ただし、アルゴリズムを解析されないために、具体的にどの部分がガイドラインに違反しているかは教えてもらえません。
そのためGoogleの「手動による対策レポート」を参考に、当てはまりそうなガイドライン違反を調査し、一つ一つ対応する必要があります。

Googleペナルティとは?解除方法や確認方法、原因と対策を解説

プロに任せるべきSEO施策とは

やるべきSEO対策はたくさんありますが、自分でできるものばかりではありません。
中にはプロに任せるべきSEO施策もあります。

特に、コーディングやバックエンド開発の技術を駆使してサイト内部を改善する施策は、プロに任せるべきです。
なぜなら、知識がない人がコードをいじると、エラーを起こしてしまう可能性があるからです。

具体的には以下のような施策が該当します。

  • LP制作
  • WordPressのデザインを変更したい
  • サイトのレスポンシブ化
  • データベースから動的にページを表示させる

コーディングはHTMLやCSS、JavaScriptなど、プログラミング言語を使いこなす必要があります。
この施策のためにコーディングを一から学ぶのは非効率なので、プロに任せるのがおすすめです。

プロに任せる際の費用相場は行う施策によって異なりますが、おおよそ10万円〜50万円が一般的です。

また、有料のWordPressテーマを導入すれば、コーディングの技術がなくてもデザイン性の優れたサイトにカスタマイズできます。
あまりコストをかけたくないという型は、1万円〜2万程度の有料テーマを購入することをおすすめします。

自分でSEO対策を行うときによくある質問

自分でSEO対策を行うときによくある質問をまとめました。
ぜひ参考にしてください。

  1. 初心者でもSEO対策はできますか?
  2. 無料でできるSEO対策はありますか?
  3. 1記事あたりの文字数はSEOに関係ありますか?
  4. 記事をリライトする記事の目安はありますか?

初心者でもSEO対策はできますか?

初心者の方でも基本的なSEO対策はできます。
ただ、SEO対策に対する知見が全くないと逆効果になってしまう場合があります。

いきなり全部実践しようとせずに、自分でもできそうなSEO対策から実践してみることが大切です。

SEO対策とは?初心者にも分かりやすく上位表示の基本的なやり方を解説

無料でできるSEO対策はありますか?

SEO対策は自分でやれば基本無料でできます。
本記事で紹介したSEO対策も基本無料でできるので、できるものから実践してみてください。

検索順位チェックツールなどは基本的に無料で利用できないので、有料のものを契約する必要があります。

なお、弊社のNobilista(ノビリスタ)は月額990円(パーソナルプラン)から利用可能です。
今ならお試しとして7日間無料で利用できるので、ぜひお試しください。

クレカ登録不要で7日間使い放題

Nobilistaを0円で利用開始する

1記事あたりの文字数はSEOに関係ありますか?

1記事あたりの文字数が多ければSEOでも評価されるとは限りません。
ただ、ユーザーの悩みを解決するためには、ある程度の文字数が必要になるのも事実です。

対策キーワードによって適正な文字数は異なりますが、最低でも3,000文字程度のボリュームは必要です。

SEOと文字数は関係ない?長文コンテンツほどSEOに強い理由

記事をリライトする時期の目安はありますか?

記事をリライトする効果的な時期は、記事公開から3か月〜半年後です。

公開したばかりの記事がGoogleに評価されるまでには、ある程度時間がかかります。
どんなに良質なコンテンツでも公開後すぐに上位表示するのは難しいです。

記事公開後3か月〜半年が経過し、検索順位が安定してきたらリライトを行いましょう。

リライトのやり方とは?事例や効果が出るまでの時間、注意点を解説

7日間0円トライアル実施中!

※クレジットカードの登録は不要です。   
※トライアル終了後の自動課金はありません。