SEO

2023年1月5日

リライトのやり方とは?事例や効果が出るまでの時間、注意点を解説

Nobilista(ノビリスタ)という検索順位チェックツールを知っていますか?
Mac対応・インストール不要で毎日の順位を自動計測。
今なら7日間だけ無料で利用することができます。

>>Nobilistaを無料で利用する

記事タイトルとURLをコピーする

SEO対策ではやるべきことがたくさんありますが、その中で特に大切なのが「リライト」です。

リライトとは、すでに公開されたコンテンツを改善し検索上位を目指す施策です。
いきなり完璧な記事を作成するのは非常に難しく、WEBサイトを成長させるためには、リライトが欠かせません。

ただ、どんな記事をどのようにリライトすれば良いか分からない方も多いでしょう。
そこで本記事では、リライトのやり方や事例リライトするページの選び方効果が出るまでの期間注意点を解説します。
正しいリライトのやり方を理解して、検索上位向上を目指しましょう。

SEOライティングのコツとは?初心者にも分かりやすく書き方の手順を紹介

リライトとは

リライトとは、すでに公開されたコンテンツを改善し、検索上位を目指す施策です。
具体的には、公開されたコンテンツのタイトルや本文の加筆修正を行い、コンテンツの完成度を高めます。
WEBサイトを成長させる上では、欠かせない施策です。

読者の悩みや知りたいことを分析し、満足の高いコンテンツにアップデートさせることが検索順位アップにつながります。
逆に読者の悩みが解決できないなど、本来の目的から外れたリライトは逆効果になる可能性もあるので、注意が必要です。

定期的にリライトするべき理由

1回公開した記事を定期的にリライトするべき理由は2つあります。

  1. 検索順位を上げるため
  2. 古くなった情報を更新するため

それぞれ順番に詳しく見ていきましょう。

検索順位を上げるため

1つ目の理由は「検索順位を上げるため」です。

検索順位が上がれば、読者の目に留まりやすく、アクセス数も上がります。
いきなり完璧な記事を執筆するのは難しいです。

記事を公開したときに上位表示できなくても、何度もリライトを行えば、上位表示できる可能性が高まります。
諦めずにリライトし続けて検索順位を上げていきましょう。

検索順位を1位に上げる方法とは?順位が決まる仕組みや調べ方も解説

古くなった情報を更新するため

2つ目の理由は「古くなった情報を更新するため」です。

古い情報は読者に間違った知識を与えてしまうことになるので、定期的に見直ししなければいけません。
誤った情報のままだと、サイト全体の信頼性を下げる可能性もあります。
最低でも1か月に1回程度の見直しは必要です。

リライトが効果的な時期

リライトが効果的な時期は、記事公開から3か月〜半年が経ったときです。
新しく公開した記事がGoogleに評価されるまでには、ある程度の時間がかかります。
公開後すぐはどんな良い記事でも、上位表示されることはほとんどありません。

時間をかけてゆっくり上がっていくことが多いので、公開後3か月〜半年間は放置することが大切です。
3か月〜半年が経過し、検索順位が安定してきたらリライトを実施しましょう。

検索順位の推移を記録する方法とツールを紹介!推移を把握するメリットとは

リライトの事例とSEO効果

リライトは、SEO対策を行う上で欠かせない施策です。
ただ、どんなリライトをすれば良いのか、リライトを行うとどんなメリットがあるのか分からない方も多いでしょう。
ここでは、リライトの事例とリライトを行うことで得られるSEO効果を見ていきましょう。

  1. タイトルや見出しにキーワードを含める
  2. コンテンツを追加する
  3. 装飾・画像を追加する
  4. 効果①:検索順位の向上
  5. 効果②:コンバージョン数の向上

タイトルや見出しにキーワードを含める

タイトルや見出しにキーワードを含めましょう。
非常にシンプルですが、SEO対策においては非常に大切なことです。

タイトルや見出しにキーワードを含めれば、記事のテーマと内容の関連性を検索エンジンに伝えることができます。
リライトを行う際は、第一優先でタイトルや見出しを見直しましょう。

コンテンツを追加する

リライトを行う上で、コンテンツを追加することも大切です。
コンテンツが多ければ良いというわけではありませんが、内容が薄い記事は上位表示しづらいです。
読者の悩みを解決するためには、最低でも3,000文字〜5,000文字のボリュームは必要です。

上位表示されている記事と比較して、内容があまりにも少ない場合は足りない要素を追加しましょう。

SEOと文字数は関係ない?長文コンテンツほどSEOに強い理由

装飾・画像を追加する

SEO対策では、装飾や画像を追加することも効果的です。
なぜなら、黒文字だけで構成されている文章はなかなか読まれないからです。
読者ファーストの記事は、重要なポイントに装飾が入っていたり、画像を挿入したりして見やすく工夫されている記事です。

読み飛ばしてもある程度内容が理解できるように、装飾や画像を追加するなど、見た目を工夫しましょう。

効果①:検索順位の向上

リライトを行うことで、検索順位の向上が期待できます。
現在の順位がGoogleの検索エンジンで評価された順位です。
リライトを行い、ユーザーの検索意図を満たしている高品質な記事と判断されると、検索順位が向上します。

検索順位が向上すれば、当然アクセス数が増えるため、1つでも順位を上げるためにリライトは大切な施策です。

効果②:コンバージョン数の向上

リライトは、検索順位が向上してアクセス数が増えるだけでなく、コンバージョン数の向上も期待できます。
コンバージョン数とは、ユーザーが商品購入やお申込みなど、サイトの運営主にとって成果とみなされる行動を行った数です。

リライトを行い記事の完成度を高めることで、ページ滞在時間が長くなり、コンバージョン率も高められます。
検索順位をいくら上げたとしてもコンバージョン数が低ければ、まったく意味がありません。

装飾や画像を追加して見やすくリライトすれば、アクセス数だけでなく、コンバージョン数の向上も期待できます。

リライトするページの選び方

記事数が多いと、全てのコンテンツをリライトするのが難しいこともあるでしょう。
結論から言うと、既存コンテンツをすべてリライトする必要はありません。
上位表示が見込めない場合は、リライトをしないという判断も必要です。

既存コンテンツの中から、優先順位をつけて、リライトするべき記事を見つけていきましょう。

  1. 検索順位が高いがクリック率が低い記事
  2. クリック率が高いが順位が伸び悩んでいる記事
  3. 検索順位が11位~20位の記事

検索順位が高いがクリック率が低い記事

検索順位が高いのに、なかなかクリックされない記事は、タイトルやディスクリプションに問題があります。
ディスクリプションとは、記事の要約や概要を記載したテキストです。

検索結果画面には「タイトル」と「ディスクリプション」が表示されます。
読者はこの2つを見て、ページを見るかどうかを判断します。

以下は、2022年に米国のSEO専門家が行った調査結果による、検索順位別のCTR(クリック率)の割合です。

Here’s What We Learned About Organic Click Through Rate

検索順位が1位の記事のCTR(クリック率)は27.6%、10位の記事は2.4%と1位の10分の1まで下がります。
キーワードによっても異なりますが、クリック率が10%を超えるのは3位の記事までです。

この調査結果からもわかるように、検索順位が高いということは、自然とクリック率も高まります。
そのため、上位表示されていたとしても、クリック率が低い記事はタイトルやディスクリプションに改善余地があるでしょう。

検索順位とクリック率の関係とは?平均CTRの目安と向上させるための具体的なノウハウ

クリック率が高いが順位が伸び悩んでいる記事

逆に、クリック率が高いが、検索順位が上がらず伸び悩んでいる記事もリライトするべきです。
いくつかの理由がありますが、一番は、検索上位の記事では悩みが解決できなかった可能性が高いからです。

多くの場合、検索1位〜10位の上位記事だけで悩みが読者の悩みが解決できます。
つまり、順位が低い記事でも見られるということは、検索上位の記事では読者の悩みが解決できなかったからということが考えられるのです。

このパターンでは、順位が上がれば上がるほど流入は増加していきます。
また、検索順位が低く表示回数が多い場合は、キーワードの検索ボリュームが大きい可能性もあります。

この場合のリライトは、上位記事で書かれている内容を網羅しつつ、上位記事にはない独自性のある内容も追加するのが効果的です。

検索順位が11位~20位の記事

リライトする際は、できるだけ検索順位が11位〜20位の記事を優先しましょう。

検索順位が11位〜20位の記事は、Googleに評価されているものの、上位表示するのには惜しいページです。
検索画面の1ページ目に表示されるか、2ページ目以降に表示されるかでは、クリックされる確率が大きく異なります。

11位〜20位の記事は、あと一工夫すれば10位以内にアップする可能性が高いので、積極的にリライトしましょう。
一方、50位以下の記事に関しては、順位の変動が激しいため、放置して順位が落ち着くのを待ちましょう。

リライトのやり方

単に公開済みの記事をリライトしても、効果は薄いです。
検索順位を上げるためには、正しい手順でリライトをやることが重要です。

SEO対策におけるリライトは、以下4ステップで行います。

  1. リライトする記事を選定する
  2. リライトする記事を分析する
  3. リライトを実施する
  4. リライト後の順位をチェックする

順を追って詳しく見ていきましょう。

1.リライトする記事を選定する

まずは、リライトする記事を選定します。

記事数が多いサイトでは、全記事リライトするのは難しいため、リライトの優先順位を決めることが重要です。
前章の「リライトするページの選び方」を参考に、リライトするべき記事を選びましょう。

2.リライトする記事を分析する

続いて、リライトする記事を分析していきます。
前述したとおり、すべての記事をリライトするのは非効率です。

そのため、リライトするべき記事の優先順位を決めて、優先順位が高い記事からリライトしていきましょう。
リライトするべき記事の特徴は以下のとおりです。

  • 公開して3か月以上が経過
  • 検索順位が50位以内
  • 上位表示するメリットがある記事

この中でも、検索順位が高い順にリライトしていきましょう。

なお、上位表示するメリットがある記事とは、成約に繋がりやすい記事のことです。
購入やお申込みに繋がりやすい記事からリライトしていくのが効果的です。

3.リライトを実施する

リライトする記事の選定・分析が終わったら、実際にリライトを実施しましょう。
リライトは目的によってやるべきことが異なります。

タイトルやディスクリプションは、検索結果に表示されるため、ページに訪れる前に必ず見ます。
タイトルやディスクリプションを見て、読者が疑問や悩みが解決できないと判断されると、ページに訪れてもらえません。

タイトルやディスクリプションをリライトするときは、以下のポイントを意識しましょう。

  • キーワードを必ず含める
  • ページの内容がイメージできるようにする
  • タイトルは30文字前後、ディスクリプションは120文字前後でまとめる

コンテンツ内容をリライトするときは、検索順位が11位〜20位の記事を優先しましょう。
11位〜20位の記事は、独自性のある記事作りが効果的です。
1位~10位の上位記事にはない、独自性のあるコンテンツを追加して上位表示を目指しましょう。

一方、20位以下の記事は独自性はもちろん、上位サイトの内容しっかり網羅されているかを確認しましょう。

検索順位を1位に上げる方法とは?順位が決まる仕組みや調べ方も解説

4.リライト後の順位をチェックする

リライトは実施して終わりではありません。
行ったリライトが正しかったのか、リライトの目的が達成できたのかを確認することが大切です。

  • 検索順位が上がったのか
  • クリック率・成約率がアップしたのか
  • ユーザーの滞在時間がどう変化したのか

リライト後もこれらの数値を記録して、どのような変化があったのかを分析します。
検索順位が上がったり滞在時間が伸びていれば、リライト成功なので他の記事でも実践しましょう。

逆に検索順位が下がったり、滞在時間が短くなった場合は、リライトをし直す必要があります。

検索順位を確認する際は、順位チェックツールの導入をおすすめします。
というのも、SEOを行うページ数が増えるほど、ひとつひとつのページの検索順位を確認するのに、時間がかかってしまうからです。

また、順位チェックツールには無料のツールもありますが、調べられるキーワードも限られるので、有料のチェックツールがおすすめです。
特に、弊社のNobilista(ノビリスタ)は、クラウド型キーワード順位チェックツールです。
インストール不要でWindows・Mac問わず利用でき、毎日自動的に検索順位を計測・記録します。

今ならお試しとして、7日間無料で使い放題です。
クレジットカードの登録も不要で自動更新もありません。
順位チェックツールの導入を検討している方は、ぜひNobilista(ノビリスタ)を利用ください。

クレカ登録不要で7日間使い放題

Nobilistaを0円で利用開始する

リライトして効果が出るのはいつ?

リライトを実施してから効果が出るのは、基本的に2〜3日後です。
遅くても1週間以内には何らかの変化が表れてくるでしょう。

仮にリライトを実施してから1週間以上何も変化がない場合は、リライト内容に効果がなかった可能性が高いです。
リライトの効果が得られると、その後1か月〜半年程度の時間をかけて、じっくりと検索順位が上がっていきます。
まずは、1週間程度の時間をかけて変化を確認してみましょう。

SEO対策の効果とは?効果が出るまでの期間や効果の高いSEO施策を紹介

リライトをするときの注意点

定期的にリライトをすることで、検索順位の向上が期待できます。
ただ、リライトのやり方を間違えると、かえってSEOに悪影響を与えるケースもあります。
効果的にリライトをするために、以下の5点に注意しましょう。

  1. 読者ファーストを意識する
  2. すでに検索上位のコンテンツをリライトしすぎない
  3. 不要な記事は削除する
  4. URLは変更しない
  5. 記事の更新部を記載する

読者ファーストを意識する

リライトをする際は、読者ファーストを意識しましょう。

単に加筆だけを繰り返すと、コンテンツ量が増えるだけで読者が読みづらい文章になる可能性があります。
狙いたいキーワードの検索意図から逸れた内容を追記すると、かえって順位が下がってしまうこともあるでしょう。

読みづらい文章や悩みが解決できない文章は、ユーザーがすぐにページから離れてしまい、Googleの評価も下がります。
キーワードから読者の悩みを分析し、悩みを解決できる内容に仕上げることが大切です。

すでに検索上位のコンテンツをリライトしすぎない

すでに検索上位のコンテンツを大幅にリライトするのは危険です。
上位表示されている記事は、現時点でGoogle側が読者にとって有益と評価しています。
そのため、すでに検索上位の記事のリライトは、逆に順位を下げてしまうリスクが発生します。

最新情報への更新や細かいリライトなら問題ないですが、大幅なリライトはおすすめしません。
前述したとおり、現状で検索結果が11位〜20位の記事を優先してリライトしましょう。

不要な記事は削除する

リライトは、公開されている記事を書き換えるだけではありません。
サイト全体の評価を向上させるためのリライトは、すでに公開されたコンテンツの改善を意味します。
そのため、不要なコンテンツを削除することもリライトに該当します。

特に、サイト内で内容が重複しているようなコンテンツやユーザーが必要としていない記事は、削除しましょう。

URLは変更しない

リライト後、記事のURLは変更してはいけません。
なぜなら、URLを変更すると、過去の順位がリセットされてしまうからです。
つまり、リライト後に新規記事としてGoogleが再評価を行うことになるのです。

リライト後に検索順位を上げるためにも、URLは変更せずにそのまま更新しましょう。

記事の更新日を記載する

記事に公開した日付が表示される場合、リライトを実施した日付を併記または置き換えましょう。

直接的なSEO効果はありませんが、更新日を記載しないとユーザーから古い記事と判断されてしまいます。
特に、期間限定のキャンペーンなどを紹介する際は最新の情報かどうか不安になるでしょう。
読者に不安な気持ちを与えないためにも、リライトを実施したら、更新日を併記または置き換えましょう。

7日間0円トライアル実施中!

※クレジットカードの登録は不要です。   
※トライアル終了後の自動課金はありません。