SEO

更新日2024年03月26日

SEO効果測定とは?検証のやり方や便利ツール、見るべき指標、必要な期間を解説

甲斐龍之介

SEOツール「Nobilista(ノビリスタ)」の事業責任者。株式会社IIPにて取締役兼SEO担当者。中小企業庁が設置した経営相談所、福岡県よろず支援拠点にてSEOコンサルタントとしても活動

詳細を見る

公的機関におけるセミナー実績

ソーシャルメディア

 

闇雲にSEO対策をしても、なかなか成果を出すことはできません。
そこで重要になるのが、定期的に行うSEO効果測定です。

SEO効果測定とは、SEO対策をしたページが成果を得られているかを計測することです。
定期的に効果測定を行うことで、実施したSEO対策が適切であったかどうかを検証できます。

そこで改善点を見つけて、軌道修正することでSEO対策を効率的に進めることができるのです。
ただ、意味のある効果測定をするには、見るべき指標必要なツール実施するべき期間などを知っておく必要があります。

そこで本記事では、検証のやり方や便利ツール見るべき指標必要な期間を解説します。
本記事を参考にSEO効果計測を行い、自社サイトの改善点を修正していきましょう。

大手企業も続々導入中!

多機能型 検索順位チェックツール「Nobilista(ノビリスタ)」

Nobilistaは、365日完全自動で大量の検索キーワードの順位を計測するSEOツールです。
※7日間の無料トライアル実施中

Nobilistaの詳細を確認する

SEO対策の効果とは?効果が出るまでの期間や効果の高いSEO施策を紹介

SEOの効果測定とは

SEOの効果測定とは、SEO対策を行ったWebページが成果を得られているかどうかを測定することです。
SEOとは、検索エンジン最適化のことで、検索エンジンが正しくサイトを理解できるように最適化したものを指します。

多くのWebサイトが様々なSEO対策をしながら、検索結果が上位表示されることを目指します。
様々なSEO施策がありますが、「これをすれば必ず上位表示できる」といったものはありません。

そのため、定期的に効果測定を行いながら、SEO施策の効果を検証したり、自サイトの改善点を探すことが重要です。

SEOの効果測定では、主にWebサイトの集客指標の変化を確認・分析します。
逆に効果測定を行わないと実施したSEO対策が適切だったかを判断できず、上位表示できないといった悩みを抱えたまま運用することになります。

せっかく運用しているWebサイトの価値を最大限引き出すためにも、SEOの効果測定は欠かせない施策の一つです。

SEO対策とは?初心者にもわかりやすく上位表示の基本的なやり方を解説

SEOの効果測定の重要性

SEOの効果測定が必要な理由は、次の2つがあります。

  1. SEO対策の効果を把握する
  2. SEO対策の改善点を把握する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SEO対策の効果を把握する

SEO対策の効果を把握するには、効果測定が欠かせません。
例えば、自社のコンテンツが上位表示できたとします。
上位表示されたという結果は確認できますが、具体的にどのSEO対策が効果的だったのかが可視化できません。

効果測定をしてどのSEO対策が効果的だったかを把握できれば、今後のSEO対策も効率的にできるようになります。
逆に、効果測定を行わないと、どのSEO対策が効果的だったのかが明確にならず、毎回試行錯誤しながらSEO対策を進めていくことになります。
効果的なSEO対策を行うためにも、効果測定が欠かせないのです。

SEO対策の改善点を把握する

SEO対策の改善点を把握するためにも、効果測定が重要です。

「SEO対策をしてもなかなか効果が出ない」という場合は、新規コンテンツを作成し続けるよりも効果測定を行い、SEO対策の改善点を見つけるべきです。
定期的に効果測定を行えば、改善点が把握でき、成果がでない状況から脱却できる糸口が見つけられます。

この対策をすれば必ずSEOで上位表示できるといったものはありません。
だからこそSEOの効果測定で改善点を見つけながら、様々な方法を試行錯誤していくことが重要になるのです。

SEOの効果測定で見るべき指標

SEOの効果計測で見るべき指標はいくつかあります。
ここでは、その中でも代表的な6つの指標を紹介します。

  1. 対策キーワードの検索順位
  2. クリック数・クリック率
  3. コンバージョン(CV)
  4. 直帰率・離脱率・滞在時間
  5. ページエクスペリエンス
  6. 被リンク数

1つずつ詳しく見ていきましょう。

対策キーワードの検索順位

まず調査するべき指標は、対策キーワードの検索順位です。

コンテンツを作成する際に狙った対策キーワードで上位表示できているかを確認します。
なぜなら、検索順位によってクリック数やアクセス数が大きく変動するからです。

検索結果の1位と2位、1ページ目と2ページ目ではクリック率が大きく異なります
そのため、定期的に検索順位の効果測定を行い、上位を取れていないコンテンツは、リライトを行い、少しずつ検索順位を高めることが重要です。

なお、検索順位については現時点での順位はもちろん、どのように推移してきたかを分析することも重要です。
順調に右肩上がりに順位が伸びている場合は、このまま順位が安定するまで待ちましょう。

一方、順位が停滞しているまたは右肩下がりに下がっている場合は、リライト等でコンテンツの質を高める工夫が必要と言えます。

弊社の「Nobilista(ノビリスタ)」では、日々の検索順位の変動を簡単に確認できます。

日々の検索順位の計測には、専用ツールを使うのがおすすめです。

専用ツールにはさまざまな種類がありますが、代表格は「Nobilista(ノビリスタ)」です。
Nobilistaとは、インストール不要で利用できるクラウド型の検索順位チェックツールです。

他の専用ツールはインストール型であることが多く、利用開始までのハードルが高いことや順位の計測にPC起動が必要など、若干の使いづらさを感じることがあります。

一方、クラウド型ツールのNobilista(ノビリスタ)はブラウザで利用できるため、利用開始までのハードルが低いです。
また、順位を自動的に計測でき、PC以外にスマホやタブレット等でも気軽に順位確認ができます。

パーソナルプランは月額990円(税込)から利用できるので、企業はもちろん、個人ブログ運営者でも気軽に導入しやすいのが特徴です。

Nobilista(ノビリスタ)は、現在7日間の無料トライアルを実施中です。
トライアル期間中は無料で使い放題なので、効果測定に欠かせない検索順位チェックツールの導入を検討している方は、ぜひNobilista(ノビリスタ)をお試しください。

クレカ登録不要で7日間使い放題

公式サイトで詳しく確認する

クリック数・クリック率

クリック数は、Google検索等の検索画面において、調査対象ページが何回クリックされたかを示す指標です。

たとえ検索順位が高くても、クリックされなければ意味がありません。
検索順位が高ければ、ユーザーの目に留まりますが、クリックするかどうかは検索結果に表示される「タイトル」や「メタディスクリプション」で判断することが多いです。

特に検索結果の1ページ目に表示されている記事に関しては、しっかりクリックされているかの確認が重要です。

一方、2ページ目以降の記事についてはほとんどクリックされないので、中身のコンテンツを修正して1ページ目に表示されることを最優先に対策しましょう。
Google Search Consoleでは、どのキーワード(クエリ)で検索された際に何回クリックされたかも確認できます。

また、クリック率に着目してみるのも効果的です。
ページのクリック数が増える理由として主に以下の2つが考えられるからです。

  • 検索順位が上がった
  • 検索順位は変わらずクリック率が上がった

検索結果に表示されるタイトルやメタディスクリプションの改善によって、検索順位が上がらなくてもクリック率が上昇する場合も多いです。
効果測定を行い、1ページ目に表示されているにも関わらずなかなかクリックされない場合は、タイトルやメタディスクリプションを改善してみましょう。

検索順位とクリック率の関係とは?平均CTRの目安と向上させるための具体的なノウハウ

コンバージョン(CV)

多くのWebサイトは、アクセス数を伸ばすことではなく、コンバージョンにつなげることを目的にしているはずです。
コンバージョンとは、Webサイト上で獲得する最終的な成果を指します。

具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • 商品の購入
  • サービスの問い合わせ
  • 資料のダウンロード

これらのコンバージョンに繋げられていない場合は、いくらアクセスが多くても目的が達成できているとは言えません。
アクセス数が多いにも関わらず、コンバージョン数が低いコンテンツは、ページ内のCV導線に問題があるといえます。

CVボタンのデザインやボタン前の訴求文を変更することで、改善できる可能性があります。
ユーザーの興味を惹くような訴求文やタイミングの良い位置にボタンを設置するなど、ユーザーがクリックしたくなるように工夫してみましょう。

直帰率・離脱率・滞在時間

SEOの効果測定とは少し異なりますが、Webサイトの現状を把握するためにも、直帰率・離脱率・滞在時間も確認しましょう。

  • 直帰率
    全セッションのうち1ページ目しか見なかった割合
  • 離脱率
    全セッションのうち離脱してしまった割合
  • 滞在時間
    ユーザーがサイトやページに滞在した時間

これらの指標もGoogleアナリティクスで確認できます。

ただ、これらの指標は検索順位に直結するわけではないので、参考程度にしておくことが重要です。

「直帰率が高い = 悪いサイト」「滞在時間が短い = 悪いサイト」とは言い切れません。
例えば、直帰率が高いということは、そのコンテンツのみでユーザーの悩みが完全に解消されていれば良いサイト・ページと言えます。

同様に、たとえ滞在時間が短くてもコンバージョンにつなげることができれば、サイトの目的は達成できています。

このように直帰率・離脱率・滞在時間は、あくまで参考程度に留めて、他の指標とバランスが取れているかの確認を行いましょう。

直帰率とは?離脱率との違いやSEOへの影響、目安・平均値を紹介

ページエクスペリエンス

ページエクスペリエンスとは、Webページの利便性が高いか低いかを測る指標のことです。
具体的には、Webサイトのページ読み込み速度やモバイルデザインの最適化などが該当します。

ユーザーファーストを掲げるGoogleは、このページエクスペリエンスをSEOの評価に影響するものとして定めています。
Googleが定める「ページエクスペリエンスシグナル」の指標は以下の4つです。

LCPはページの読み込み速度、FIDはブラウザの反応時間、CLSはページレイアウトのずれがどのくらい発生しているのかを示す指標です。
LCP・FID・CLSがGoogleの定める基準を満たしているかどうかは「Page Speed Insights」という無料ツールで確認できます。

PageSpeed Insightsは、以下の手順で利用します。

1.PageSpeed Insightsの公式サイトにアクセスする

2.URLを入力し「分析」をクリック

3.LCP・FID・CLSの数値がそれぞれ緑色の範囲内に収まっているかを確認する

どれか1つでも基準を満たしていない場合は、改善する必要があるでしょう。

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)とは?対策や改善方法、評価を計測するツールを紹介

被リンク数

被リンクとは、他サイトに張られた自サイトへの外部リンクのことです。
現在のSEOでは、被リンクをどれだけ獲得しているかが非常に重要視されています。

SEOにおける被リンク獲得のメリットは主に以下の4つです。

  • 検索順位への好影響が期待できる
  • サイトがインデックスされやすくなる
  • Webサイト全体の評価が上がる
  • 流入が増える・認知度が上がる

なお、被リンクは多ければ良いというわけではなく、良質な被リンクを集める必要があります。
スパムサイトや関連性の低いサイトから大量の被リンクをもらうと、Googleペナルティの対象になります。

知らない間に悪質な被リンクをもらってしまう可能性もあるため、効果測定では以下の2つを確認しましょう。

  • 現状の被リンク数
  • 被リンクの品質

被リンク数は、Google Search Consoleから確認できます。

Google Search Consoleの左側のメニューから「リンク」をクリックすると、自サイトの外部リンクと内部リンクをそれぞれ確認することができます。

被リンクが少ない場合は、良質なコンテンツを作り、共有してもらえるような工夫をしましょう。

たとえ被リンクを獲得していたとしても、被リンクの品質確認は重要です。
Google Search Consoleで被リンクの品質を精査して、もし低品質の被リンクがある場合は、リンクを否認する必要があります。

具体的なリンク否認の方法については、下記の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

リンク否認ツールの使い方とは?低品質サイトから被リンクを否認する方法と効果が出るまでの期間

SEOの効果測定に役立つ便利ツール

SEOの効果測定にはツールの利用が不可欠です。
ここでは、SEOの効果測定に役立つ便利ツールを3つ紹介します。

  1. Googleアナリティクス
  2. Google Search Console
  3. Nobilista(ノビリスタ)

1つずつ詳しく見ていきましょう。

SEOツールおすすめ16選!無料・有料、Google公式ツールまで価格や機能を比較

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleが提供しているWebサイト解析ツールです。
Webサイトにアクセスしたユーザー数やユーザーの行動など、Webサイト全体の数値が分析できます。

その他、流入元や直帰率、離脱率、滞在時間等の具体的なユーザーの行動についての数値も細かく調査できるのが特徴です。
Googleアナリティクスは、主に以下の指標の把握ができます。

  • 新規ユーザー数
  • アクセスユーザー数
  • 流入元
  • PV数
  • セッション数
  • 直帰率
  • 離脱率
  • 滞在時間

特にユーザーがアクセス後に、どのような行動をとったのかを検証し、ページ改善を行うときに役立つツールです。

GA4 (Googleアナリティクス4)とは?設定方法や導入方法、見方・使い方を解説

Google Search Console

Google Search Consoleは、Googleが提供しているWebサイト解析ツールです。
Google Seacrh Consoleを使えば、サイトが抱える問題点が調査でき、サイトの改善を効率化できます。

なお、Google Search ConsoleはGoogleの検索エンジンだけに対応しており、Yahoo!Bingなど他の検索エンジンの効果測定はできません。
具体的には、以下の指標をサイト単位・ページ単位・キーワード単位で調査できます。

  • 検索順位
  • 表示回数
  • クリック数
  • CTR(クリック率)

その他、特定URLがインデックスされているかやサイトマップの送信等の用途でも活用します。
サイト流入後のデータ解析はもちろん、アクセス数に関わるWebサイトのマイナス要因の特定に役立つため、SEO対策には必須のツールと言えます。

Nobilista(ノビリスタ)

Nobilista(ノビリスタ)は、クラウド型の検索順位チェックツールです。
インストール不要でWindows・Mac問わず利用できます。

SEO対策で成果を出すためには、アクセス解析と日々の検索順位の確認が欠かせません。
どんなにSEOに知見がある人でも、いきなりすべての記事を上位表示させることは難しいです。

検索順位チェックツールを使えば、どんなキーワードで上位表示できているのかや改善するべき記事が明確になります。
具体的に、Noblista(ノビリスタ)では以下の指標が調査できます。

  • 対策キーワードの検索順位の推移
  • 検索ボリューム
  • キーワードのSEO難易度

月額990円(パーソナルプラン)から気軽に利用できるので、企業はもちろん個人サイト運営者でも利用しやすいでしょう。
今ならお試しとして7日間無料で使い放題で、クレジットカードの登録も不要です。

効果測定に欠かせない対策キーワードの検索順位の推移確認をするなら、Nobilist(ノビリスタ)がおすすめです。

クレカ登録不要で7日間使い放題

公式サイトで詳しく確認する

SEOの効果測定のやり方とポイント

ここではSEOの効果測定のやり方とポイントを紹介します。

  1. 効果測定に必要なツールの導入
  2. 指標の数値を分析する
  3. 改善点を見つけて新たな施策をする

順を追って詳しく見ていきましょう。

効果測定に必要なツールの導入

まずは、効果測定に必要なツールの導入からはじめましょう。

手作業で効果測定を行うことも可能ですが、膨大な時間がかかったり、中には測定できない指標があったりします。
便利ツールを導入することで、効果測定を効率的に進めることができます。

GoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleの2つは無料で利用できるので導入が必須です。
また、検索順位の推移を細かくチェックできる「Nobilista(ノビリスタ)」の導入がおすすめです。

SEOツールおすすめ16選!無料・有料、Google公式ツールまで価格や機能を比較

指標の数値を分析する

効果測定に必要なツールを導入したら、実際に指標の数値を分析していきます。
Webサイトの規模にもよりますが、月1〜2回程度は定期的に効果測定を行いましょう。

なお、サイトを立ち上げた直後は、検索エンジンにサイトを認識してもらうために時間がかかります。
具体的には、以下の手順で指標の数値を分析していきます。

  1. 各項目を過去のデータと比較する
  2. 全項目を踏まえてサイトの現状を評価する
  3. 評価するべき箇所や改善点を洗い出す

まずは、各項目を過去のデータと比較していきます。
過去のデータと比べて改善されている場合は、行ったSEO対策が効果的だったことになります。

例えば、キーワードごとの検索順位が全体的に上がっていたら、何かしらのSEO対策に効果があったといえます。
逆に検索順位やクリック率・コンバージョン数等の数値が下がっているのであれば、行った施策に何かしらの問題があるかもしれません。

このように一つ一つの数値を分析することで、自サイトの改善点や効果的なSEO対策が明確になっていくのです。

全ての指標を調査したら、サイト全体で評価するべき箇所や改善点を書き出してみましょう。
例えば、検索順位が上がり被リンクの数が増えているなら、この点は評価できる点と言えます。
逆に、検索順位が上がっているのにも関わらずクリック率やコンバージョン率(CVR)が低下している場合は、タイトルやディスクリプション、CVへの導線を見直す必要があるでしょう。

このように、自サイトの評価するべき点と改善点を探すことで、今後のSEO対策に活かせるようになります。

自分でできるSEO対策とは?やり方・手順や初心者におすすめのツールを分かりやすく解説

改善点を見つけて新たな施策をする

Webサイトの改善点が明確になったら、その問題点を改善していきましょう。

SEOの効果測定は、データを収集して終わりではありません。
問題点を明確にして新たな施策を打ち、さらに効果測定を行います。

このステップを繰り返していくことで、徐々にWebサイトのSEO評価を高めていくことができるのです。

具体的なSEO対策のやり方については、以下の記事で詳しく解説しています。

SEO対策とは?初心者にもわかりやすく上位表示の基本的なやり方を解説

SEOの効果測定を行なう期間

SEOの効果測定を行う期間や頻度は、行ったSEO施策によって異なります。
具体的には以下3つのパターンに分けられます。

  1. サイト全体で大規模な施策を行ったとき
  2. 新規ページを公開したとき
  3. 既存ページをリライト(修正)したとき

1つずつ詳しく見ていきましょう。

サイト全体で大規模な施策を行ったとき

サイト全体で大規模な施策を行ったときも効果測定を行います。
具体的にはデザイン変更やURLの変更、サイトのリニューアルなどを指します。

なお、改修の規模が大きくなるほど効果が出るのに時間がかかります
3か月~6か月程度の長い時間を要するため、数か月おきに効果測定を行いましょう。

1~2ヵ月の効果を見て「まったく効果が出ていない」と焦らないようにしましょう。

SEO対策の効果とは?効果が出るまでの期間や効果の高いSEO施策を紹介

新規ページを公開したとき

新規ページを公開した場合は、公開から数週間〜3か月のタイミングで効果測定を行いましょう。
SEOの効果は、ページ公開後すぐに出るものではありません。

サイトによって差はありますが、順位が安定するまでに平均で3か月程度はかかります。
新規ページを公開後すぐに検索順位が上がってくるケースは少ないので、1か月程度経過してから徐々に効果計測をしてみましょう。

既存ページをリライト(修正)したとき

既存ページをリライト(修正)した際は、1週間〜3か月程度を目安に効果測定を行いましょう。
効果測定を行う期間に幅がある理由は、コンテンツをどの程度リライトしたのかによって、クローラーが情報更新にかかる時間が変わってくるからです。

ページタイトルの変更画像の追加など、小規模のリライトであれば1週間程度で効果がみられることもあります。
それに対して、コンテンツ内容を大幅に変更するような大規模なリライトを行った場合は、新規ページ同様3か月程度で効果が見られる場合が多いです。

SEOのリライトのやり方とは?事例や効果が出るまでの時間、注意点を解説

7日間0円トライアル実施中!

※クレジットカードの登録は不要です。   
※トライアル終了後の自動課金はありません。