SEO

更新日2023年11月28日

コンテンツマーケティングツールおすすめ10選!機能の種類や無料分析ツールも紹介

甲斐龍之介

SEOツール「Nobilista(ノビリスタ)」の事業責任者。株式会社IIPにて取締役兼SEO担当者。中小企業庁が設置した経営相談所、福岡県よろず支援拠点にてSEOコンサルタントとしても活動

詳細を見る

公的機関におけるセミナー実績

ソーシャルメディア

 

コンテンツマーケティングツールとは、コンテンツマーケティングを行う際に欠かせないWebツールです。

そもそもコンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを制作して、商品・サービス購入に繋げるマーケティング施策のことを指します。
Webサイトをはじめ、SNSYouTube・メルマガなどを使うこともコンテンツマーケティングに含まれます。

ツールを活用することで、キーワードの選定コンテンツの作成競合調査効果測定など手間がかかる作業を半自動化できます。
そのため、コンテンツマーケティングで成果を出すためには、便利ツールの活用が欠かせません。

本記事ではコンテンツマーケティングの進め方ツールの種類おすすめツールを紹介します。
コンテンツマーケティングで成果を出すためにも、本記事で紹介するコンテンツマーケティングツールを上手に使いこなしましょう。

大手企業も続々導入中!

多機能型 検索順位チェックツール「Nobilista(ノビリスタ)」

Nobilistaは、365日完全自動で大量の検索キーワードの順位を計測するSEOツールです。
※7日間の無料トライアル実施中

Nobilistaの詳細を確認する

SEOツールおすすめ16選!無料・有料、Google公式ツールまで価格や機能を比較

コンテンツマーケティングツールとは

コンテンツマーケティングツールとは、キーワード調査競合分析など、コンテンツマーケティングを行う際に使われるWebツールです。
ツールには様々な機能があり、目的に応じて使うべきツールは異なります。

まずは自社サイトの課題を見つけて、その課題を解決できるもの、自社サイトの運営に必要なツールだけを利用することが大切です。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを制作して、商品・サービス購入に繋げるマーケティング施策のことです。
具体的にはWebサイトをはじめ、SNS・YouTube・メルマガなどが含まれます。

  • Webサイトを運営して自社商品を紹介する
  • SNSやYouTubeチャンネルで認知度を高めファン化する
  • 見込み客に対してメルマガを配信し第一想起を獲得する

このような活動をコンテンツマーケティングと呼びます。
コンテンツマーケティングではユーザーニーズを満たすような有益な情報を提供することで、中長期的な収益貢献を目指します。

SEOとコンテンツマーケティングの違いとは?混同される理由とリスクを解説

コンテンツマーケティングの進め方

コンテンツマーケティングは闇雲に進めても効果はあまり期待できません。
計画性を持って戦略的に進めていくことが大切です。

ここでは、コンテンツマーケティングの進め方について解説していきます。

  1. コンセプトとペルソナ設計
  2. 具体的な目標値の設定
  3. コンテンツを作成する
  4. 効果測定をする
  5. 必要に応じてコンテンツを改善する

順を追って詳しく見ていきましょう。

1.コンセプトとペルソナ設計

まずは、コンセプトとペルソナ設計を行います。

「誰に」「どんなコンテンツ」を届けることで「何を叶えるのか」を決めていきます。
ユーザー像を明確にした上でコンテンツを作成しなければ、誰に向けてのコンテンツなのかがわかりづらく、誰にも刺さらない可能性が高いです。

ペルソナ設定時は次の5つを明確にしておきましょう。

  • ユーザーの属性
    性別・年齢・職業・家族構成・年収など
  • ユーザーのパーソナリティ
    性格・価値観・悩みなど
  • ユーザーのライフスタイル
    趣味・休日の過ごし方・使っているデバイスなど
  • ユーザーの検索シーン
    どのようなタイミングで、どのように検索したかなど
  • ユーザーの抱えている悩みや課題
    検索した理由や背景、動機など

上記5つを事前に明確にしておくことで、方向性がしっかりと定まり、効率的にサイト運営を進めることができます。

2.具体的な目標値の設定

コンセプトとペルソナが決まったら、具体的な目標値を設定します。
目標値のことをマーケティング用語では「KPI(Key Performance Indicator)」と言います。

具体的には、以下の目標値を設定しましょう。

  • アクセス・PV数
  • 入力フォームまでの到達率
  • 商品やサービスの見積もり依頼数
  • 商品やサービスの購入率

KPI(目標値)を数値化することで、目標達成に向けてどのように施策を進めていけば良いのかがはっきりします。

SEO対策のKPI設定の手順と指標を紹介!オウンドメディアのKPIツリーの作り方とは?

3.コンテンツを作成する

目標値が設定できたら、あとはコンテンツを作っていきましょう。

低品質なコンテンツを大量に作成してもSEOで上位表示されることはなく、アクセス数も全く増えません。
ただ単に書きたいことをコンテンツにするのではなく、ユーザーの悩みや課題を解決できる高品質なコンテンツを作成することが重要です。

なお、コンテンツ作成と一言で言ってもやることはたくさんあります。

キーワード選定や記事構成の作成、記事執筆はツールを上手に活用することで作業時間を大幅に削減できます。
高品質なコンテンツをできるだけ短い時間で作成できるように、後述するおすすめツールをご活用ください。

Nobilista
記事コンテンツSEO対策
100のチェックリスト

無料でダウンロードする

チェックリストイメージ図

無料でダウンロードする

4.効果測定をする

コンテンツは作成・公開して終わりではありません。
検索順位を定期的に確認して、どのように変動しているかを確認することが大切です。

SEOはすぐに結果が出ることがほとんどなく、徐々に順位が上がっていくものです。
効果測定を行わないと実施した対策が適切だったのか判断できず、なかなか上位表示されないという事態になりかねません。

効果測定をする際は、検索順位チェックツールの活用がおすすめです。
自分で検索すれば手動でも検索順位の確認ができますが、かなりの手間がかかります。

検索順位チェックツールを使うことで、自動で検索順位の変動を毎日自動的に測定できるため、他の施策に時間や手間をかけられます。

なお、検索順位チェックツールには色々とありますが、おすすめはクラウド上で利用できる「Nobilista(ノビリスタ)」です。

Nobilistaは、365日毎日自動的にキーワードの検索順位を計測ツールです。
一般的に利用されているインストール型のツールとは違い、クラウドで利用できるため、チームでの活用もしやすくなっております。

特に、コンテンツマーケティングは、1人で行うことはほとんどなく、マーケターやディレクター、デザイナー、ライターなど多くの人材を巻き込み施策を実行します。
そのような点において、クラウドで利用できるNobilistaは、コンテンツマーケティングの成功をサポートできるでしょう。

なお、現在Nobilistaは7日間の無料トライアルを実施しております。
まずは以下のボタンより、Nobilistaがどんなものか覗いてみてください。

クレカ登録不要で7日間使い放題

公式サイトで詳しく確認する

SEO効果測定とは?検証のやり方や便利ツール、見るべき指標、必要な期間を解説

5.必要に応じてコンテンツを改善する

効果測定を行い、改善の余地があると判断したらコンテンツを改善(リライト)しましょう。
リライトする記事には優先度があります。

  • 検索順位が高いがクリック率が低い記事
  • クリック率が高いが順位が伸び悩んでいる記事
  • 検索順位が11位~20位の記事

これらの記事は最優先でリライトするべきです。

特に「検索順位が11位〜20位」の記事は、1ページ目(1位〜10位)に表示されるまであと1歩の記事です。
1ページ目に表示されるか、2ページ目以降に表示されるかでクリック率やアクセス数は大きく異なるため、最優先でリライトした方が良いでしょう。

SEOのリライトのやり方とは?効果や記事選びのコツを解説

コンテンツマーケティングツールを導入するメリット

コンテンツマーケティングツールを導入するメリットは3つあります。

  1. 調査や分析の手間を削減できる
  2. 競合サイトの分析ができる
  3. 精度の高いコンテンツを作成できる

1つずつ詳しく見ていきましょう。

調査や分析の手間が削減できる

ツールを活用することの最大のメリットは、調査や分析の手間を削減できることです。
コンテンツマーケティングはやるべき施策が多く、一人もしくは少人数で運営するとなると非常に大変です。

ツールを活用することで以下のような作業を半自動化できます。

  • キーワードの選定
  • 競合の調査
  • コンテンツの作成
  • 効果測定

本来手作業でやるはずの施策を自動化できれば、コンテンツ作成にかかる時間が短縮でき、効率的な運営が可能になります。

競合サイトの分析ができる

コンテンツマーケティングツールを使えば、競合サイトの情報を簡単に分析できます。
ツールによって分析できるデータは異なりますが、競合サイトのアクセス数や流入キーワード、被リンク数などの情報は入手できます。

サイト運営に慣れるまでは成果が出ない原因がわからず、何から手を付ければ良いかわからない方も多いでしょう。

自社サイトよりも上位に表示されている競合サイトを徹底的に分析することで、自社サイトに足りないところや改善点が見つかるはずです。
既に成果が出ている競合サイトの良いところを参考にすれば、成果を出しやすくなります。

競合サイト順位比較ツール|分析方法と無料調査、ライバルサイトの見つけ方も解説

改善するべき記事が明確になる

改善するべき記事が明確になることもツールを使うメリットです。
サイト運営で成果を出すには、1度公開したコンテンツをそのまま放置するのではなく、改善しながら徐々に品質を高める必要があります。

コンテンツを公開した後に効果測定を行うと、検索順位やクリック数などパフォーマンスを分析できます。
その数値を元に改善するべき記事を探し出し、改善することで成果を出しやすくなるでしょう。

コンテンツマーケティングツールの種類

コンテンツマーケティングツールには次のような種類があります。

  1. キーワード分析ツール
  2. 競合調査ツール
  3. コンテンツ作成ツール
  4. 順位計測・効果測定ツール

これらのツールを上手く活用することで、より効果的なマーケティング戦略を実現できます。

キーワード分析ツール

キーワード分析は、コンテンツマーケティングの戦略を立てる上で重要です。
キーワード選定ツールはキーワードの検索ボリュームや難易度、サジェストキーワードを調査するためのツールで、主に新規コンテンツ作成時やリライト時に使用します。

コンテンツマーケティングではユーザーに対して有益な情報を与えることが重要で、思いついたことや書きたいことをそのままコンテンツにしても価値がありません。
ユーザーが求めている情報や疑問に思っていることを調査して、その疑問を解決できるコンテンツを作成する必要があるのです。

キーワード分析ツールを使えば、特定のキーワードがどのくらい検索されているか、一緒に検索されているサジェストキーワードを調査できます。

【無料あり】キーワードツールおすすめ9選!Google検索ワード調査ツールの使い方と注意点

競合調査ツール

コンテンツマーケティングをする上では競合調査も大切です。

自社のコンテンツに多くのユーザーを集めるためには、SEOで上位表示される必要があります。
SEOで上位表示されるには、現段階で上位に表示されているサイトよりも高品質なコンテンツに仕上げなければいけません。

例えば、競合サイトが上場企業等が運営している場合、どんなにコンテンツの質を高めても上位表示させるのが難しいです。
これは競合サイトの調査をしないとわからないことです。

コンテンツの質は目視でもわかりますが、被リンクの数やドメインパワーなどはツールを使わないとわかりません。
競合サイトの被リンク数やドメインパワーなどをツールを使って調査して、自社サイトでも勝てるのかを分析します。

競合サイト順位比較ツール|分析方法と無料調査、ライバルサイトの見つけ方も解説

コンテンツ作成ツール

コンテンツ作成ツールとは、コンテンツ作成を効率的にできるよう手助けしてくれるツールです。
見出し抽出ツールやAIを活用した文章作成ツールを使えば、コンテンツ作成の時間を大幅に短縮できます。

特にChatGPTなどAIを活用した文章作成ツールは精度が年々高まっており、人間が書いたような自然な文章を作成できるようになっています。

また、見出し抽出ツールを使えば、上位サイトの見出しが一括で収集できるため、記事構成の作成もしやすくなります。
記事のボリュームによっては、記事作成の時間が半分以下に短縮できる場合もあるでしょう。

ただし、競合サイトと同じ記事構成にしたり、AIを活用した文章をそのまま公開しても上位表示されるような高品質な記事は作成できません。
必ず独自性のある見出しやコンテンツを追加するようにしてください。

Nobilista
記事コンテンツSEO対策
100のチェックリスト

無料でダウンロードする

チェックリストイメージ図

無料でダウンロードする

順位計測・効果測定ツール

順位計測ツールは、Googleなどの検索結果でのキーワード別の検索順位を測定するためのツールです。
自社サイトや競合サイトの各ページが特定のキーワードで検索したときに、どのくらいの順位で表示されているかを確認するために使用します。

検索結果の上位に表示されればされるほど多くのアクセスが期待できるため、多くのサイト運営者が上位に表示させるためにあらゆる施策を行っています。
毎日少しずつ検索順位も変動しているため、公開したページの検索順位がどのくらいなのかを把握しておくことはコンテンツマーケティングをする上で欠かせません。

実際に検索すれば検索順位を確認できますが、かなり非効率です。
順位計測・効果測定ツールを使えば、毎日の検索順位を自動的に計測できるため、その時間を他の施策に注力できます。

検索順位チェックツールおすすめ6選!無料・有料版の違いやクラウド型など選び方を解説

コンテンツマーケティングツールおすすめ10選

ここでは、おすすめのコンテンツマーケティングツール10選を紹介します。

  1. ラッコキーワード:サジェストキーワードを抽出
  2. Googleキーワードプランナー:キーワードの検索ボリューム調査
  3. keywordmap:キーワード選定・コンテンツ設計の支援
  4. Similarweb:競合サイトの分析に強い
  5. Ahrefs:全世界60万人が利用する万能型ツール
  6. 見出し(hタグ)抽出:上位サイトの見出しを抽出
  7. ChatGPT:AIを活用して自動で文章作成
  8. Googleサーチコンソール:タイトルやディスクリプションの改善に役立つ
  9. Googleアナリティクス:アクセス後のユーザー行動を解析
  10. Nobilista(ノビリスタ):順位計測に強みのあるツール

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ラッコキーワード:サジェストキーワードを抽出

ラッコキーワードとは、サジェストキーワードを取得できる無料ツールです。
サジェストキーワードとは、Google等の検索窓にキーワードを入力したときに自動的に表示される検索候補のことです。

自社サイトに必要なコンテンツをリストアップする際やキーワード選定をする際に役立ちます。
ラッコキーワードの検索窓にメインとなるキーワードを入力するだけで、そのメインキーワードに関連するサジェストキーワードが五十音で表示される仕組みです。

それ以外にもキーワードに関連する「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」に投稿された質問が表示されるので、ユーザーの検索意図を調べるのにも役立ちます。

Googleサジェストとは?表示の仕組みや削除方法、ツールを用いてSEOへ活用する方法

keywordmap:キーワード選定・コンテンツ設計の支援

keywordmapはキーワード調査やコンテンツ制作の提案など、サイト運営に関するあらゆる課題を解決できるマーケティングツールです。

自社サイトおよび競合サイトの上位表示キーワードを一括取得できるため、キーワード選定を効率的に行えます。
また、コンテンツ制作の支援もしてくれるため、サイト運営初心者の方でも高品質なコンテンツを作成しやすくなります。

プランはサイトの規模に応じて、ライト・スタンダード・エキスパートの3つから選べます。
具体的な費用は要問い合わせですが、7日間の無料トライアルも実施中です。

Googleキーワードプランナー:キーワードの検索ボリューム調査

Googleキーワードプランナーは、新しいキーワードを発見したり、月間検索回数(検索ボリューム)を調査できるツールです。
Googleが提供する無料ツールで、主にキーワード選定で役立ちます。

コンテンツを作成する上で、需要のあるキーワードを選定しなければ、たとえ上位表示できてもアクセスは増えません。
逆に需要が高すぎる(検索ボリュームが大きすぎる)キーワードは競合サイトが多すぎて、そもそも上位表示させること自体難しいです。

キーワードプランナーを利用することで、自社サイトで対策するべきキーワードを見つけられます。
無料で利用する場合、有料版のように詳細な検索ボリュームまで調査できませんが、おおまかな検索ボリュームは調査できます。

特にサイト運営を始めたばかりの時やまだほとんど上位表示できていない時は、検索ボリュームが「100~1,000」のキーワードに絞るのが望ましいです。

Googleキーワードプランナーの使い方とは?無料で使う方法や基本機能を紹介

Similarweb:競合サイトの分析に強い

SImilarweb(シミラーウェブ)は競合サイトの分析に特化したマーケティングツールです。
コンテンツマーケティングにおいて自社サイトの分析はもちろん、競合サイトの分析も大切です。

競合サイトのURLを入力するだけで競合サイトに関するあらゆるデータが取得できます。

  • アクセス元の地域流入数
  • 流入チャネル
  • 訪問ユーザーの属性

特に上位に表示されている競合サイトを分析することで、自社サイトの改善点が見つかるはずです。

無料版では上位5位までのサイトしか分析できませんが、競合分析には十分でしょう。
もし競合サイトがどのように成長してきたのかの課程まで分析したい場合は、最大37か月(3年1か月)前までのデータまで確認できる有料版の導入がおすすめです。

Ahrefs:全世界60万人が利用する万能型ツール

Ahrefsとは、全世界60万人が利用しているコンテンツマーケティングツールです。
競合サイトの被リンク分析やキーワード選定ドメインパワーの調査など、SEO対策で欠かせないツールの一つと言えます。

自社サイトはもちろん、競合サイトの被リンク状況やキーワードごとの想定流入数など、たくさんのデータを収集できます。

全4種類のプランが用意されており、最も安いプランでも月額99ドルからとやや高額です。
プランによって登録できるサイト数や取得できるデータ数が増え、事業の規模や予算に併せてプランが選べます。

海外企業のサービスですが、日本語ページも用意されているため、英語が分からない方でも安心です。
有料プランしかないのはデメリットですが、SEO対策をする上では欠かせないツールのひとつでしょう。

【無料アリ】被リンクチェックツール5選!リンク元の調べ方やデータ活用例を解説

見出し(hタグ)抽出:上位サイトの見出しを抽出

見出し(hタグ)抽出は、ラッコ株式会社が提供する「ラッコツールズ」の機能のひとつです。

調査したいキーワードを入力すると、検索上位20サイトのタイトル見出しページの文字数を確認できます。
見出しはh1~h6タグの中から選択して、表示させたいものだけ表示できます。

ユーザーニーズを満たす高品質なコンテンツを作成するには、上位表示されているコンテンツの見出しは最低限意識する必要があります。

コンテンツ作成時に、上位表示されているコンテンツの記事構成が一括で取得できるため、効率的に記事構成が作成できます。
登録やログインが不要・ブラウザ上で利用できるので、コンテンツ作成時にはぜひ活用しましょう。

見出しタグ(h1やh2タグ)のSEO上の役割とは?付け方や使い方、設置時の順番のルールを事例を交えて解説

ChatGPT:AIを活用して自動で文章作成

ChatGPTはOpenAIが開発した、自然言語処理という技術を使ったプログラムのことです。
人間と会話するかのような自然な文章を作成できるほど精度が高いです。

ChatGPTは文章の作成・添削はもちろん、コンテンツのアイディアまで出してくれます。
上手く活用することでコンテンツの作成時間を大幅に短縮できるメリットがあります。

ただ、ChatGPTで執筆した記事は必ずしも正確な情報ではない上に、質も高いとは言えません。
ChatGPTで作成した文章をそのまま公開するのは絶対にやめましょう。

Googleサーチコンソール:タイトルやディスクリプションの改善に役立つ

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供するWebサイト解析ツールです。
自社サイトに訪れるユーザーを分析して、Webサイトの改善に役立てます。

Googleサーチコンソールで分析できる指標は次の4つです。

なお、GoogleサーチコンソールはGoogleの検索エンジンのみに対応しており、Yahoo!やBingなど他の検索エンジンには対応していません。

Googleサーチコンソールはタイトルやディスクリプションに問題がある記事を見つけるのに役立ちます。

  • 表示回数が多いのにクリック数・CTRが低い
  • 平均掲載順位が高いのにクリック数・CTRが低い

これらの記事は、コンテンツの中身ではなくタイトルやディスクリプションに原因がある可能性が高いです。
なぜなら、検索結果の上位に表示されており、ユーザーの目には触れているからです。

クリックしたくなるようなタイトル・ディスクリプションに修正することで、クリック数・CTRが改善できるかもしれません。

Googleサーチコンソールとは?できることや使い方、登録方法・設定方法を解説

Googleアナリティクス:アクセス後のユーザー行動を解析

Googleアナリティクスとは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。
自社サイトに訪れたユーザー数やユーザーの行動など、Webサイト全体の数値が分析できます。

Googleアナリティクスでは、次の指標が分析可能です。

  • 新規ユーザー数
  • アクセスユーザー数
  • 流入元
  • PV数
  • セッション数
  • 直帰率
  • 離脱率
  • 滞在時間

Googleアナリティクスでは、コンテンツの問題点があるのかを分析します。

例えば、離脱率が高かったり、滞在時間がかなり短い場合、そもそもユーザーが求めているコンテンツではない可能性が高いです。
ユーザーはリード文や最初のコンテンツを見て自分が欲しい情報がないと感じたら、すぐにページを離脱するからです。

Googleアナリティクスでは単に数だけではわからない、アクセス後のユーザーの行動を調査を細かく調査できます。

GA4 (Googleアナリティクス4)とは?設定方法や導入方法、見方・使い方を解説

Nobilista(ノビリスタ):順位計測に強みのあるツール

Nobilista(ノビリスタ)は順位計測に強みのあるコンテンツマーケティングツールです。
クラウド型の検索順位チェックツールで、毎日の検索順位確認やリライト等の効果測定に役立ちます。

アクセス数を増やすためには、アクセス解析と日々の検索順位の確認が欠かせません。
Nobilista(ノビリスタ)を使えば、どんなキーワードで上位表示できているのかや改善するべき記事が明確になります。

具体的に、Nobilista(ノビリスタ)では以下の指標が確認できます。

  • 対策キーワードの検索順位
  • 検索ボリューム
  • キーワードのSEO難易度

また、クラウド型のNobilista(ノビリスタ)はインストール型のツールと違い、スマホやタブレットなどで検索順位を確認できるのも特徴です。
順位計測も完全自動なので、毎日ツールを起動させる必要もありません。

月額990円から利用できるため、利用しやすい価格帯です。
今ならお試しとして7日間無料で、クレジットカードの登録も不要です。

コンテンツマーケティングに欠かせない検索順位チェックや効果測定をするなら、Nobilista(ノビリスタ)をご利用ください。

クレカ登録不要で7日間使い放題

公式サイトで詳しく確認する

7日間0円トライアル実施中!

※クレジットカードの登録は不要です。   
※トライアル終了後の自動課金はありません。