SEO

更新日2023年09月13日

SEO記事制作代行会社おすすめ6選!外注費用相場やサービスの選び方を解説

甲斐龍之介

SEOツール「Nobilista(ノビリスタ)」の事業責任者。株式会社IIPにて取締役兼SEO担当者。中小企業庁が設置した経営相談所、福岡県よろず支援拠点にてSEOコンサルタントとしても活動

詳細を見る

公的機関におけるセミナー実績

ソーシャルメディア

 

SEOで成果を出すためには、高品質な記事を制作しなければいけません。
Googleは200種類以上のアルゴリズムを用いて検索順位を決定していますが、ユーザーを満足させられない質の低い記事が上位表示されることはありません。

ユーザーを満足させるような高品質な記事を制作するには、膨大な時間とコストが必要になり、サイト運営者にとって記事制作は大きな負担となります。

そこで検討されるのが「記事制作代行会社への外注」です。
つまり、SEO対策の知識と経験が豊富なプロに記事制作を任せるということです。

SEO記事制作を代行会社に外注することで、質の高い記事が制作できたり、社内リソースに余裕が生まれたりなど、効率的なメディア運営が可能になります。
ただし、代行会社の選び方を間違えると、せっかく費用を支払ったのに全く上位表示できない、成果が出ないといった可能性が出てきてしまいます。

そこで本記事では、SEO記事制作代行サービスを利用する際の相場費用失敗しない選び方おすすめ記事制作代行会社6選を紹介します。
メディア運営で失敗しないための役立つ情報になっていますので、ぜひ参考にしてください。

大手企業も続々導入中!

多機能型 検索順位チェックツール「Nobilista(ノビリスタ)」

Nobilistaは、365日完全自動で大量の検索キーワードの順位を計測するSEOツールです。
※7日間の無料トライアル実施中

Nobilistaの詳細を確認する

記事制作の外注のやり方とは?ライティングマニュアルの作り方と具体例も解説

SEO記事制作代行サービスとは

SEO記事制作代行サービスとは、SEO対策に欠かせない記事作成を代わりに行なってくれるサービスのことです。

Google検索で上位に表示させるためには、記事の質が重要です。
記事制作は手間がかかるだけでなく各工程の専門性が必要となるため、とりあえず書いてみた程度の記事では上位表示させることは難しくなります。

そこで、SEO記事制作代行サービス、いわゆるその業界のプロに記事制作を任せることで、高品質な記事を制作できるのです。
代行会社によっては記事を制作するだけでなく、Webサイト全体の改善やコンサルティングまで行ってくれる場合もあります。

ただし、SEO記事制作代行会社によって持っているノウハウや実績が異なります。
実績が低い会社やノウハウのない会社に記事制作を依頼すると、費用をかけているにも関わらず全く成果が出ないという事例になりかねません。

そのため、SEO記事の制作を外注する際は、代行会社選びを慎重に行う必要があります。
失敗しないSEO記事制作代行会社の選び方について後述しますので、ぜひ参考にしてください。

Nobilista
記事コンテンツSEO対策
100のチェックリスト

無料でダウンロードする

チェックリストイメージ図

無料でダウンロードする

SEO記事制作の一般的な流れ・手順

SEOに強い記事を制作するには手間がかかると言いましたが、ここでは記事制作の一般的な流れや手順を紹介します。
SEO記事制作の一般的な流れ・手順は次の7ステップです。

  1. ペルソナの設定
  2. 対策キーワードの選定
  3. 競合記事の調査・検索意図の明確化
  4. 記事構成の作成
  5. 記事執筆
  6. 記事のチェック・修正
  7. 記事の公開

順を追って詳しく見ていきましょう。

ペルソナの設定

SEOに強い記事を作成するには、まずペルソナを設定する必要があります。
ペルソナとは、Webサイトに訪れるユーザーの人物像のことです。
どんなユーザーに向けて記事を制作するかが明確になれば、ユーザーのためになる記事を制作できます。

逆にペルソナを設定せずにコンテンツを作成し始めると、誰に向けてのコンテンツなのかがわかりづらく、誰にも刺さらない可能性が高まってしまいます。

ペルソナ設定時は、具体的には以下の4つについてイメージしてください。

  • ターゲットの属性
    性別・年齢・職業・家族構成・年収など
  • ターゲットのパーソナリティ
    性格・価値観・悩みなど
  • ターゲットのライフスタイル
    趣味・休日の過ごし方・使っているデバイスなど
  • ターゲットの検索シーン
    どのようなタイミングで、どのように検索したか
  • ターゲットの抱えている悩みや課題
    検索した理由や背景、動機

この手順をしっかり行うことで、方向性がしっかりと決まり効率的にメディア運営を進めることができます。

SEOに強いブログ記事の書き方とは?初心者がブログでSEO対策を始めるメリットも解説

対策キーワードの選定

ペルソナを設定した後は、対策キーワードを選定します。
対策キーワードとは、検索クエリとも呼ばれており「検索するときに入力されている単語」のことです。
SEO対策ではユーザーが検索するであろうキーワードを予測して、そのキーワードに適したコンテンツを作成します。

このキーワード選定を疎かにして記事を作成しても、ユーザーを満足させるような記事は作成できません。
ラッコキーワードやキーワードプランナー等のキーワードツールを活用して、狙うべきキーワードを選定します。

SEOのキーワードは主に「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「ロングテールキーワード」の3種類に分けられています。

キーワード名検索ボリュームの目安キーワード例
ビッグキーワード1万回以上・アフィリエイト
・脱毛
・クレジットカード
ミドルキーワード1,000回以上・アフィリエイト 始め方
・脱毛 男性
・クレジットカード おすすめ
ロングテールキーワード1,000回以下・アフィリエイト 始め方 本
・脱毛 男性 全身
・クレジットカード おすすめ 年会費無料

検索ボリュームが大きいキーワード程、競合サイトも対策するため上位表示させる難易度が高いです。
そのため、サイト運営を始めたばかりの時はロングテールキーワードの記事制作を優先的に行うことをおすすめします。

具体的な対策キーワード選定のやり方については、以下の記事で詳しく解説しています。

SEOキーワード選定のやり方・コツとは?初心者に役立つ便利ツールも紹介

記事構成の作成

対策キーワードを選定したら、記事構成を作成していきます。
記事構成とは「設計図」のようなものです。

検索ユーザーが何を知りたいのか、どんな疑問があるのかを調査してユーザーの悩みや疑問が解決できる構成案を作成します。
記事構成を適当に作成してしまうと、どれだけ記事執筆に時間をかけても、ユーザーが満足する記事にはなりません。

Googleで対策キーワードを検索して、上位表示されているWebサイトの情報は参考にしましょう。
なぜなら、現在上位表示されている記事は、ユーザーの検索意図を満たすコンテンツとしてGoogleに評価されているからです。

それに加えて上位記事にはない付加価値を届けられる見出しや内容を追加していきましょう。

SEOの記事構成案の作り方については、以下の記事で詳しく解説しています。

SEO記事構成案の作り方とは?プロットを作るコツや初心者におすすめのテンプレート

記事執筆

記事構成が完成したら、実際に記事執筆を行います。
ここまでで、対策キーワードのペルソナや検索意図、記事構成が明確になっているので、記事の執筆はスムーズに進められるはずです。

執筆の際もユーザーが理解・満足できるように専門用語をできるだけ使わず、分かりやすい文章に仕上げることが大切です。

また、文章だけの記事はユーザーに途中で飽きられてしまい、離脱に繋がってしまいます。
そのため、画像や表、リストなどを入れながら、ユーザーに飽きさせない記事にしていきましょう。

SEOに強いライティングについては以下の記事で詳しく解説しています。

SEOライティングのコツとは?初心者にも分かりやすく書き方の手順を紹介

記事のチェック・修正

記事執筆が完了したら、記事内容をチェックを行い、必要に応じて修正しましょう。
完成記事のチェックは、執筆者と別の人が行うのが望ましいです。

主に以下の項目についてチェックを行います。

  • 誤字脱字、表記ゆれはないか
  • 他記事のコピー・類似度が高くないか
  • レギュレーションに沿って記事執筆できているか
  • 間違った情報が書かれていないか
  • ペルソナ目線でわかりやすく、読みやすい文章になっているか
  • 差別用語や不快な言葉を使っていないか

読みづらい文章のままだと、ユーザーはすぐにページから離脱してしまいます。
何度も読み返して、わかりづらい箇所がある場合は必ず修正しましょう。

なお、SEOに強くCVも獲得できるコンテンツの作り方については、以下のチェックリストでも解説していますので、ぜひ見てみてください。

Nobilista
記事コンテンツSEO対策
100のチェックリスト

無料でダウンロードする

チェックリストイメージ図

無料でダウンロードする

記事の公開

記事執筆・チェックが完了したら、最後に記事を公開します。
ユーザーの利便性を損なわないように、公開時は以下の項目を確認してください。

上記の5つを確認して問題なければ、記事を公開しましょう。
記事を公開後はGoogleにページを認識してもらうために、Google Search Consoleでインデックスのリクエストを行います。

インデックスのリクエスト方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

インデックスとは?SEOとの関係や確認方法、登録方法を解説

SEO記事制作代行サービスの費用相場

記事制作を外注する方法として「記事制作の代行会社」と「クラウドソーシング」という2つの方法があります。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、予算や目的に応じてどちらのサービスを利用するかを検討しましょう。

発注方法記事制作の代行会社クラウドソーシング
費用相場文字単価5円~文字単価1円~
メリット・質の高い記事が制作できる
・ディレクションや進行管理まで行ってくれる
・比較的安い費用で依頼できる
・質の高いプロライターもいる
デメリット・費用は比較的高い
・必ず成果が出るとは限らない
・初心者ライターも多い
・ライター採用、納期管理などを自社で行う

記事制作の代行会社に発注する場合

費用相場文字単価5円~
メリット・質の高い記事が制作できる
・ライティングの他にディレクションや進捗管理まで行ってくれる
デメリット・費用は比較的高い
・必ず成果が出るとは限らない

記事制作の代行会社への外注は、SEO対策を専門とする会社に記事制作を依頼する方法です。
プロライターによる高品質な記事制作ができます。

また、会社によっては記事制作だけでなくディレクションやコンサルティングなどの工程を全て受け取ってくれるため、手間をかけずに記事制作が行えます。

その分、外注費用は文字単価5円〜と高くなる傾向にあります。
医療や金融、法律など専門知識が求められる記事であれば、文字単価7円以上が相場です。

1記事5,000文字と仮定すると、記事単価の相場は25,000円〜35,000円となります。
どうしても外注費用は高くなりますが、プロによる高品質な記事制作ができ、かつ社内リソースをかけずに行えるメリットがあります。

リソースに余裕がある、もしくは本気でSEO対策に取り組みたい場合は、記事制作の代行会社への外注を検討しましょう。

クラウドソーシングで発注する場合

費用相場文字単価1円~
メリット・比較的安い費用で依頼できる
・質の高いプロライターもいる
デメリット・初心者ライターも多い
・募集からライターの選定、納期管理などを自社で行う必要がある

クラウドソーシングでの外注は、複数のライターが登録しているプラットフォームへ記事制作を外注する方法です。

登録しているライターは、プロのライターから副業ライター、学生など様々です。
代表的なクラウドソーシングとしては、クラウドワークスやランサーズ、ザグーワークスなどがあります。

外注費用の相場は、文字単価1円〜5円程度です。
交渉次第で高い品質の記事を低単価で外注できますが、募集からライターの選定、納期管理などを自社で行う必要があります。

社内に記事制作のディレクションを行える人がいれば、クラウドソーシングで外注するのも良いでしょう。

ただ、クラウドソーシングの注意点としてライターのライティング力が玉石混交です。
中には納期に遅れたり、初心者ライターもいたりするため、実績やテストライティング等で能力を確認した上で外注先を決める必要があります

記事制作の外注のやり方とは?ライティングマニュアルの作り方と具体例も解説

SEO記事制作を外注するメリット

SEO記事制作を自社で行うか外注するか迷っている方も多いでしょう。
ここでは、SEO記事制作を外注するメリットを3つ紹介します。

  1. 質の高い記事が制作できる
  2. 継続的に一定本数の記事が制作できる
  3. SEOに知見のある担当者が不要

1つずつ詳しく見ていきましょう。

質の高い記事が制作できる

記事制作をプロに外注することで、質の高い記事が制作できます。

記事制作を本業としている会社は、Googleで上位表示させるための専門的な知識やスキルを持っています。
最新のSEOトレンドにも対応できるレベルのノウハウも兼ね備えています。

検索エンジンはユーザーの利便性を高めるために、定期的にアップデートされるのが一般的です。
アップデートに対応できないと、検索順位が大幅に下がってしまうケースも少なくありません。

記事制作代行会社に依頼すれば、最新のSEOトレンドに合わせた高品質な記事を制作できるのです。
自社で一からSEO記事制作に取り組むよりも、効率的に記事制作を行えるようになるでしょう。

Googleアルゴリズムとは?仕組みやランキング要因、アップデートの歴史を解説

継続的に一定本数の記事が制作できる

記事制作を外注すると、継続的に記事を制作・公開できます。

更新頻度が直接SEOに良い影響を与えるわけではないですが、更新頻度が低いサイトよりも高いサイトの方が評価されやすいです。
これは継続的に更新しているサイトの方が、情報の鮮度が高く、よりユーザーを満足させられると判断されるからです。

社内のメンバーだけでSEO対策に取り組む場合、人員不足で記事がなかなか更新できないといったケースも少なくありません。
記事制作を外注することで、高品質な記事を継続的に制作・納品できるようになります。

更新頻度とSEOの関係とは?高い・低い場合や更新日の変更による影響を解説

SEOに知見のある担当者が不要

SEOに知見のある担当者が不要なことも記事制作を外注するメリットです。

社内でSEO対策を行う場合、記事の品質や進捗管理を行うディレクターが必要になります。
現時点でそのような人材がいない場合は、新たに人材採用を検討しなければいけません。

記事制作を外注すれば、これらの作業をすべて代行会社が担ってくれるので必要なくなります。

SEO記事制作を外注するデメリット

一方、SEO記事制作を外注するデメリットは次の3つです。

  1. 記事制作に費用がかかる
  2. 上位表示できる保証はない
  3. 記事品質の均一化が難しい

1つずつ詳しく見ていきましょう。

記事制作に費用がかかる

記事制作を外注する場合、当然費用がかかります。
SEOの知識や実績があるプロに任せるとなると、それだけ高額の費用が必要になります。

例えば、文字単価5円で10,000文字の記事制作を外注した場合、1記事あたり50,000円の費用がかかる計算です。
仮に1か月20記事投稿するとなると、1か月で100万円の外注費用が発生します。

ただ、予算をできるだけ抑えようとして、費用だけで外注先を選んでしまうと、上位表示できない低品質な記事が多くなる可能性も高いです。
そのため、多少費用が高額になっても、高品質な記事を制作してくれる制作会社を選ぶことが大切です。

上位表示できる保証はない

記事制作を外注すると質の高い記事ができますが、必ず上位表示できるとは限りません。

Googleの検索順位は、検索アルゴリズムによって決められています。
例えば激戦ジャンルや競合のドメインパワーが高いサイトが上位を占めているキーワードでは、質の高い記事を公開しても上位表示させることは難しいです。

上位表示を目指すには記事単体の質を高めるだけでなく、サイト全体のドメインパワーも高める必要があります。
質の高い記事が増えていけば自然とドメインパワーも上がりますが、必ずしも上位表示できるわけではないということは把握しておきましょう。

Googleアルゴリズムとは?仕組みやランキング要因、アップデートの歴史を解説

記事品質の均一化が難しい

SEO記事制作を外注すると、記事の均一化が難しくなります。
同じサイト内で複数人に記事制作を依頼する場合、サイトの方針やマニュアルなどを作成しておく必要があります。

特に口調や言い回し、装飾の仕方なども人によって様々です。
記事の均一化ができていないと、サイト全体として見づらくなってしまう恐れがあります。

サンプル記事やマニュアルなどを用意して、それに従って記事制作をしてもらうことが大切です。

記事制作の外注のやり方とは?ライティングマニュアルの作り方と具体例も解説

SEO記事制作代行サービスの選び方

SEO記事制作を外注する場合、どの代行サービスを利用するかが重要です。
費用面だけで選んでしまうと質の高い記事を納品されてしまったり、まったく成果が出なかったりする可能性が高まります。

代行サービス会社選びに失敗しないために、選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

  1. 支援実績豊富な代行サービスを選ぶ
  2. SEO記事制作の得意分野・専門分野を確認する
  3. 高い熱量で取り組んでくれる会社を選ぶ

1つずつ詳しく見ていきましょう。

支援実績豊富な代行サービスを選ぶ

代行サービスを選ぶ際は、支援実績豊富な会社を選ぶことが重要です。
実績豊富な会社であれば、SEOや記事制作、プロジェクト進行に関するノウハウが豊富にあると判断できます。

記事制作の外注先を選ぶ際に最も重要になるのが、記事のクオリティです。
過去に検索上位されている実績が多数あるのであれば、質の高い記事を制作できると判断できます。

直接外注先に問い合わせて、過去に制作した記事URLやどんなキーワードで上位表示できているかを確認してから選びましょう。

SEO記事制作の得意分野・専門分野を確認する

記事制作会社にも、得意分野や専門分野があります。
SEOに強い高品質な記事を制作するには、その分野・ジャンルについての知識が必要だからです。

たとえ経験や実績が豊富だったとしても、自社サイトの分野が外注先の得意分野・専門分野と合致しない場合は、控えたほうが良いでしょう。
特に、金融や医療、健康などの分野(YMYL)では、記事制作会社の得意不得意が分かれる傾向にあります。

制作会社が経験したことのない分野・ジャンルの場合、SEOの知識はあっても内容の薄い記事になってしまう可能性があります。
単に制作会社の実績を見るだけでなく、自社サイトと相性が良い会社なのかを見極めることが重要です。

YMYL領域とは?ジャンル例やSEO対策のポイント、個人ブログはYMYL以外を狙うべき?

高い熱量で取り組んでくれる会社を選ぶ

記事によるSEO対策は、短期間で成果が出るものではありません。
最低でも6か月〜1年(長くて2年)という長い期間をかけて成果を出していくので、その期間共に高い熱量で取り組んでくれるかは、制作会社を選ぶ上で非常に大切です。

質の高い記事を制作してくれるかはもちろん、対応のスピードも大切です。
1記事制作するのに2週間以上かかる、なかなか修正に対応してくれないとなると、SEOで成果が出るまで膨大な時間がかかってしまいます

そのため、1記事制作するのにどのくらい時間がかかるのか、何回まで修正に対応してくれるのかを事前にヒアリングしましょう。

SEO対策の効果とは?効果が出るまでの期間や効果の高いSEO施策を紹介

SEO記事制作代行会社・クラウドソーシングおすすめ6選

SEO記事制作を代行会社に依頼したい方向けに、SEO記事制作代行会社おすすめ6選を紹介します。

  1. 株式会社バリューエージェント
  2. 株式会社ルーシー
  3. Shinobiライティング
  4. クラウドワークス
  5. ランサーズ
  6. サグーワークス

それぞれの特徴と自社の目的を照らし合わせて、自社に合った代行会社を選定しましょう。

株式会社バリューエージェント

株式会社バリューエージェントは、大阪を拠点にWebマーケティング支援を行っている制作会社です。
SEO記事制作代行だけでなく、Webマーケティング運用代行やコンサルティングなど幅広いサービスを提供しています。

Webマーケティング企業で日本最大級の実績を誇っています。
無料診断を行いお客様のフェーズや予算、考えに合った施策を提案してくれます。

バリューエージェントの強みは3つです。

  • SEO、サイト改善、広告運用の中から成果が最もでる施策を実施
  • 運用代行、コンサルティング双方の実施が可能
  • 予算や規模に合わせて成果の出る方法を考えます

SEOをはじめ、Webマーケティングに関するコンサルティングも併せて依頼したい場合におすすめです。

株式会社ルーシー

株式会社ルーシーは「バズ部」というメディアを運営する制作会社です。
SEOの基礎知識や上級者向けのテクニックなど、SEOに関するノウハウが豊富で、SEO関連のキーワードで多数上位表示しています。

それらの経験・ノウハウを生かして以下のサービスを展開しています。

コンテンツ制作実績は400社以上で、膨大なデータで実証された圧倒的な集客力が特徴です。
バズ部スタッフとバズ部認定ライターが共同で執筆しており、記事の品質は担保されています。

サービス開始から26ヵ月分・2,229KWの全成果を公表しており、成果のうち7割が検索結果の1ページ目、4割が1位表示を獲得しているという圧倒的な実績がある制作会社です。

Shinobiライティング

Shinobiライティングは、Webサイトの記事制作に特化した記事制作代行業者です。
50万人以上のライターが登録しており、累計記事数は500万記事を超えています。

さまざまなジャンルに対応でき、どんなジャンルの記事でも短期間での納品にも対応しています。
圧倒的な納品スピードにより、リピーターも多いのが特徴です。

SEO対策の記事を短期間で納品してもらいたい場合やたくさんの記事をまとめて発注したい場合におすすめです。

クラウドワークス

クラウドワークスは、国内最大級のクラウドソーシングサイトです。
登録者数が多く、記事制作に強いWebライターを短時間で見つけやすいといったメリットがあります。

ただ、登録者数が多い分、採用するライターを選定する手間が多くかかる場合もあります。

また、記事の品質はライターのレベルによって大きく左右されるため、ライターの力量を自社で見極めなければいけません。
社内にディレクションができる社員がいる場合やできるだけ低単価で発注したい場合におすすめです。

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと並ぶ国内最大級のクラウドソーシングサイトです。
クラウドワークスと比べると登録者数は少ないですが、数多くのライターが登録しており、記事制作代行会社へ発注するよりも低単価で記事制作を発注できます。

ただし、初心者ライターから上級者ライターまで幅広く所属しているため、テストライティング等で実力を見極める必要があります。
低単価で発注したい場合や初めて外注を利用したいときに使ってみるのがおすすめです。

サグーワークス

サグーワークスは、日本最大級の記事制作代行サービスです。
2023年8月現在30万人近いライターが登録しています。

「プラチナライター」「ゴールドライター」「レギュラーライター」の3種類のライターが在籍しており、求めるレベル感や予算感に合わせたライターレベルを選定できます。

従来のクラウドソーシングは、ライターの募集や管理、品質の担保を自社で行う必要がありました。
一方、サグーワークスは専任ディレクターが募集から納品まで全て管理してくれるので、ライターとの面倒なやり取りも全て外注可能です。

オンライン発注プランは「1文字0.75円〜」、オーダーメイドプランは「1文字1.2円〜」で受注できるため、外注費用を抑えながら記事成句を発注できます。

SEO記事制作サービスに関するよくある質問

SEO記事制作サービスに関するよくある質問をまとめました。
ぜひ参考にしてください。

  1. SEO記事制作を外注するメリットとデメリットを教えてください
  2. 記事制作を外注する際の費用は1記事あたりどれくらいですか?
  3. ChatGPTでも質の高い記事は制作できますか?

SEO記事制作を外注するメリットとデメリットを教えてください

SEO記事制作を外注するメリットとデメリットは次のとおりです。

  • メリット
    ・質の高い記事が制作できる
    ・継続的に一定本数の記事が制作できる
    ・SEOに知見のある担当者が不要
  • デメリット
    ・記事制作に費用がかかる
    ・上位表示できる保証はない
    ・記事の均一化が難しい

上記のメリット・デメリットを理解した上で、必要に応じてSEO記事制作の外注を検討しましょう。

記事制作を外注する際の費用は1記事あたりどれくらいですか?

記事制作の外注費用は、制作会社や対策キーワードによって異なります。
一般的にSEO制作代行会社なら文字単価5円〜、クラウドソーシングのライターなら文字単価1円〜依頼できます。

1記事5,000文字と仮定した場合、5,000円〜50,000円の費用がかかる計算です。
予算や求めるレベルに応じて外注先を選定することが大切です。

ChatGPTでも質の高い記事は制作できますか?

ChatGPTとは、高度なAI技術を使い人間のように自然な会話ができるAIチャットです。
2022年11月に公開されたばかりのサービスで、構成から記事執筆までできるとSEO界隈でも話題になっています。

人間が作成したような文章が生成されるため、記事制作ができないわけではないですが、質の高い記事とは言えません。
間違った情報のまま生成されることが多いため、ChatGPTで制作した記事をそのまま公開することはおすすめしません。

7日間0円トライアル実施中!

※クレジットカードの登録は不要です。   
※トライアル終了後の自動課金はありません。