SEO

更新日2023年12月15日

SEO無料チェックツールおすすめ14選!診断やレベルチェックは役立つのか?

甲斐龍之介

SEOツール「Nobilista(ノビリスタ)」の事業責任者。株式会社IIPにて取締役兼SEO担当者。中小企業庁が設置した経営相談所、福岡県よろず支援拠点にてSEOコンサルタントとしても活動

詳細を見る

公的機関におけるセミナー実績

ソーシャルメディア

 

SEO対策で成果を出すためには、SEOツールの活用が欠かせません。
SEOツールを活用すれば、内部対策外部対策競合調査など効率的にSEO施策を実施しやすくなります。

とはいえ、SEO対策を始めたばかりのときや成果がまだ出ていないときは、予算をできるだけかけたくないという方も多いはずです。

SEOチェックツールには無料のものから有料のものまでたくさんあります。
もちろん有料ツールを導入することに越したことはありませんが、無料ツールでも十分SEO対策に必要なデータの収集が可能です。

そのため、できるだけ予算をかけたくない場合は、無料のSEOチェックツールの導入がおすすめです。

本記事では、SEO無料チェックツールの種類活用方法利用時の注意点を解説します。
本記事を参考に、無料のSEOチェックツールを導入して、効率的にSEO対策を進めていきましょう。

大手企業も続々導入中!

多機能型 検索順位チェックツール「Nobilista(ノビリスタ)」

Nobilistaは、365日完全自動で大量の検索キーワードの順位を計測するSEOツールです。
※7日間の無料トライアル実施中

Nobilistaの詳細を確認する

SEOツールおすすめ16選!無料・有料、Google公式ツールまで価格や機能を比較

SEO無料チェックツールは役に立つ?

結論から言うと、SEO無料チェックツールでも十分役に立ちます。
大量のキーワードを取得したり、より詳細なデータを取るには有料ツールの方が向いていることが多いです。

ただ、小規模サイトやSEO初心者の方にとっては、無料ツールでも十分な場合がほとんどです。
有料ツールを使わないと上位表示できないということは全くないので、ご安心ください。

無料ツールだけでも、キーワード選定からキーワード順位計測まで幅広い業務ができます。
まずは無料ツールを使ってみて、必要に応じて有料ツールへの移行を検討するのが望ましいでしょう。

SEO無料チェックツールの種類

SEO無料チェックツールにはいくつか種類があり、それぞれの用途や目的に応じてツールを使い分けます。
ここでは、SEO無料チェックツールの種類を4つに分けて紹介します。

  1. キーワード順位計測ツール
  2. キーワード選定ツール
  3. 被リンクチェックツール
  4. コピペ(重複コンテンツ)チェックツール

1つずつ詳しく見ていきましょう。

キーワード順位計測ツール

キーワード順位計測ツールとは、Googleなどの検索結果画面でのキーワード別の掲載順位を測定するためのツールです。
自サイトの各ページが特定のキーワードで検索した時に、何位に掲載されているのかを確認できます。

該当ページの検索順位が高いほどアクセス数の増加が期待できるため、多くのサイト運営者があらゆる施策を行っています。
検索アルゴリズムによって毎日検索順位が変動しているため、対策している記事の検索順位が何位なのかを確認することが重要です。

検索順位のチェックは実際に検索すれば確認できますが、かなり非効率です。
キーワード順位計測ツールを活用すれば自動的に順位を計測できるため、他のSEO施策に注力することができます。

なお、代表的なツールとして、当社で開発・展開中の「Nobilista(ノビリスタ)」が挙げられます。

Nobilistaは365日自動的に大量のキーワードの順位チェックを行うツールです。
興味がある方は、ぜひ以下より覗いてみてください。

クレカ登録不要で7日間使い放題

公式サイトで詳しく確認する

検索順位チェックツールおすすめ6選!無料・有料版の違いや選び方を解説

キーワード選定ツール

キーワード選定ツールとは、SEO対策をするキーワードの検索ボリュームサジェストキーワードを調査するツールです。
主に新規コンテンツ作成時やリライト時に役立ちます。

サイト運営をする上で、思いついたことや書きたいことをそのまま記事にしても成果は出ません。
ユーザーが求めていることや疑問に思っていることを調査して、記事を作成する必要があります。

キーワード選定ツールを使えば、特定のキーワードが月間何回検索されているのかや特定のキーワードと一緒に検索されているキーワードを調査できます。

SEOキーワード選定のやり方・コツとは?初心者に役立つ便利ツールも紹介

被リンクチェックツール

被リンクチェックツールとは、外部から張られた被リンクを調査するためのツールです。
現在のSEOは「被リンク」の重要性が高まっています。

他のサイトからおすすめされるほど有益な記事と評価されていると判断されるため、被リンクが多いサイトはGoogleからの評価も高まりやすいです。
逆に低品質なWebサイトから被リンクを受けている場合、SEOでマイナス評価を受ける恐れがあります。

このように、リンクはSEOでプラスにもマイナスにも働くことがあるため、どんなサイトから被リンクをもらっているかをツールを使って確認することが大切なのです。

【無料アリ】被リンクチェックツール5選!リンク元の調べ方やデータ活用例を解説

コピペチェックツール(重複コンテンツ)

コピペチェックツールとは、自サイトで公開する記事がすでに公開されている他の記事をコピーして作成されていないかを確認するためのツールです。
他の記事をそのままコピーして自サイトのコンテンツ内に貼り付ける行為は、Googleも推奨していません。

もしもコピペ(重複コンテンツ)が発覚するとGoogleペナルティの対象となり、検索順位が大きく下がったり、検索結果から除外されたりする恐れがあります。
それだけでなく、コピペ元サイトから著作権侵害で訴えられるリスクがあるので注意しなければいけません。

そのような事態を避けるためにもツールを使い、コピペチェックをすることが大切です。

無料コピペチェックツールおすすめ7選!仕組みやチェックのやり方、一致率・テキスト間判定の目安も紹介

SEO無料チェックツール一覧

ここではSEO無料チェックツール15選を紹介します。

  1. Googleキーワードプランナー
  2. Googleトレンド
  3. Google Search Console
  4. Google Analytics
  5. PageSpeed Insights
  6. AMPテスト
  7. ラッコキーワード
  8. Ubersuggest(ウーバーサジェスト)
  9. Similar Web
  10. CopyContentDetecotr
  11. こぴらん
  12. SEOチェキ!
  13. 検索順位チェッカー
  14. Nobilista Lite(ノビリスタ ライト)

1つずつ詳しく見ていきましょう。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、月間検索回数(検索ボリューム)を調査できるツールです。
Googleが提供するツールで無料で利用でき、キーワード選定の際に役立ちます。

無料で利用する場合、有料ツールのように細かい検索ボリュームまでは調査できませんが「100~1,000」「1,000~1万」のように大まかな検索ボリュームは調査できます。

SEO対策をする上で、検索需要のあるキーワードを選定することは重要です。
検索需要のないキーワードで上位表示できても流入は期待できませんし、需要が高すぎるキーワードは競合が多くそもそも上位表示させることが難しいです。

特にサイト運営を始めたばかりの時は、キーワードプランナーを使用して「100~1,000」のキーワードで記事を作成しましょう。

Googleキーワードプランナーの使い方とは?無料で使う方法や基本機能を紹介

Googleトレンド

Googleトレンドは世界中の検索トレンドをチェックできるキーワードツールです。
オリンピックやワールドカップなど、時期によって需要が変動するキーワードを調査するのに役立ちます。
Googleが提供するツールで無料で利用できます。

参照データはリアルタイムで、最新のGoogle検索の動向が分析できるのが特徴です。
メールアドレスを登録し、急上昇ワードや随時チェックしたいキーワードを指定しておけば、それらの検索動向をメールで知らせてくれる機能もあります。

Googleトレンドは市場の需要をチェックするのに便利なツールです。

【無料あり】キーワードツールおすすめ9選!Google検索ワード調査ツールの使い方と注意点

Google Search Console(サーチコンソール)

Google Search Console(サーチコンソール)は、Googleが提供するWebサイト解析ツールです。
自サイトに訪れるユーザーを分析してWebサイトの改善に役立てます。

できることが豊富で、SEO対策をする上では欠かせないツールの一つです。

  • どの検索クエリでユーザーが流入しているか
  • 公開しているページがインデックスされているか
  • どのページが何回表示・クリックされているか
  • 手動ペナルティを受けていないか
  • 外部(被)リンクはいくつ・どこから受けているか

Google Search Consoleを使えば、自サイトが抱える問題点を把握でき、サイトの改善を効率化できます。
なお、Googleが提供するツールなので、Yahoo!Bingなど他の検索エンジンのパフォーマンスは調査できません。

Googleサーチコンソールとは?できることや使い方、登録方法・設定方法を解説

Google Analytics(アナリティクス)

Google Analytics(アナリティクス)は、Googleが提供するアクセス解析ツールです。
Webサイトのアクセス数やPV数、リアルタイムで閲覧されているページ、ユーザーの滞在時間など、Webサイトの分析に役立つ機能が豊富です。

Google Search Consoleはアクセス前のユーザーデータを確認するのに対し、Google Analyticsは実際にサイトにアクセスしたユーザーのデータを確認するのに役立ちます。
そのため、Google Search Consoleとセットで利用するのが一般的です。

流入数や離脱率、滞在時間などのデータから、ユーザーは必要な情報を得られているかを確認できます。

GA4 (Googleアナリティクス4)とは?設定方法や導入方法、見方・使い方を解説

PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsは、ページ表示速度を測定してくれるツールです。
Googleが提供しており無料で利用できます。

2018年にGoogleが「Speed Update」というモバイル検索の検索順位要素としてページ表示速度を使用すると発表しました。
そこからページ表示速度が遅いサイトはSEOで悪影響を及ぼすので、自サイトのページ速度を確認しておくことが重要です。

PageSpeed Insightsは検索窓にURLを入力するだけで、モバイル版・PC版それぞれのページ表示速度を測定します。
0~100点のスコアでページパフォーマンスを測定してくれるだけでなく、ページ速度に悪影響を与えているポイントとその改善点を提示してくれるのが特徴です。

AMPテスト

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイルの表示速度を早くするための手法です。
GoogleとTwitterが共同で立ち上げたモバイルユーザー向けのプロジェクトで、AMPを設定することで、ページ表示速度が4倍も早くなる上に、使用データ量も1/10に抑えられます。

AMPテストはGoogleが提供する無料ツールで、適切にページが表示できているかどうかを確認できます。

モバイルユーザーがストレスなくページを閲覧でき、表示速度の遅さによる離脱を防ぐためにも、AMPテストを使って問題がないかを確認しておくことが重要です。
もしもAMP化に問題があった場合には、修正箇所を教えてくれます。

Webサイト表示速度の改善方法とは?読み込みスピードを計測するツールや数値の目安を紹介

ラッコキーワード

ラッコキーワードとは、共起語サジェストキーワードを取得できる無料ツールです。
Webサイトに必要な記事をリストアップする際や、キーワード選定をする際に役立ちます。

無料版では各種機能に回数制限がありますが、基本的な機能は無料版でも十分です。
検索窓にキーワードを入力するだけで、そのキーワードに関連したサジェストキーワードが五十音順で表示されます。

その他、キーワードに関連する「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」に投稿された質問が表示されるので、ユーザーの検索意図を調べるのにも役立ちます。

Googleサジェストとは?表示の仕組みや削除方法、ツールを用いてSEOへ活用する方法

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggerst(ウーバーサジェスト)は、キーワード選定やSEO難易度の調査、検索順位のチェックなど機能が豊富な総合的SEOツールです。

検索窓にドメインもしくはキーワードを入力すれば、関連キーワードとその検索ボリューム、広告単価などの情報が一括で取得できます。
主にキーワード選定で重宝する便利ツールです。

その他、キーワード別のSEO難易度や上位表示されている競合サイト情報、被リンク数など、SEO対策に重要な情報も取得できるのも特徴です。
Ubersuggerst(ウーバーサジェスト)は、基本的に無料で利用できますが、無料版では利用回数が1日3回に制限されます。

ドメインパワーの計測方法・調べ方とは?上げる方法や無料チェックツールも紹介

Similar Web

SimilarWebはイスラエル製のSEOツールで、主に競合サイトの分析に使用します。

競合サイトのアクセス状況や流入経路、業界分析などが可能です。
競合サイトを分析することで、狙い目のキーワードや自サイトの改善ポイントなどが見つかり、競合に勝つ糸口が見えるかもしれません。

日本語に対応していませんが、国内ユーザー向けに解説サイトが用意されているため、安心して利用できます。
無料版では上位5位までのサイトしか分析できませんが、競合分析には十分です。

Nobilista
記事コンテンツSEO対策
100のチェックリスト

無料でダウンロードする

チェックリストイメージ図

無料でダウンロードする

CopyContentDetector

CopyContentDetectorは、入力したテキストがWeb上に存在するコンテンツの内容と重複していないかを確認するコピペチェックツールです。
会員登録不要で、無料版では1日30件(1回25~4,000文字)まで調査できます。

レポートは「類似率」「一致率」「テキスト類似度」の3項目の結果で表示されます。

  • 類似率:
    Web上に似ている文章がないかを判定
  • 一致率:
    Web上の記事と単純に一致している箇所を計算
  • テキスト類似率:
    今まで登録した文章との類似度を判定

上記項目を「良好」「要注意」「コピーの疑い」の3段階で判定し、それに加えて0~100%の割合で表示されるのが特徴です。
初めて利用する方でも視覚的にわかりやすくコピペチェックができるので、ぜひ導入することをおすすめします。

無料コピペチェックツールおすすめ7選!仕組みやチェックのやり方、一致率・テキスト間判定の目安も紹介

こぴらん

こぴらんは調査したい文章を貼り付けるだけで、手軽にコピペチェックできるツールです。
1度にチェックできる文字数は25~4,000文字です。

ツール画面もシンプルで見やすく操作方法も簡単なので、簡易的なコピペチェックには向いています。

SEOチェキ!

SEOチェキ!とは、SEO対策に必要なさまざまな項目を確認できる無料ツールです。
インストール不要・ブラウザ上で利用できるのが特徴です。

調査したいURLを入力すると、キーワード毎の検索順位や発リンク数、インデックス数などSEO関連のデータが収集できます。
無料版では調査できる回数が1日200回という制限がありますが、よほどのことがない限り200回を超えることはないので気にする必要はないでしょう。

あらゆる情報が無料で調査できるので、これからSEO対策に取り組む初心者の方におすすめです。

SEOチェキの使い方とは?見方や活用方法、データの信憑性について解説

検索順位チェッカー(簡易版)

検索順位チェッカーは、キーワードの検索順位を調査する無料ツールです。
1度に5つのキーワードまで調査でき、1位~100位までの順位を取得します。

Google・Yahoo!Bingの検索順位を同時に取得できるのも特徴です。
パソコンとモバイル両方の順位が取得できるので、検索エンジン別・デバイス別の検索順位をチェックしたい場合におすすめのSEOチェックツールです。

検索順位チェッカーの使い方?取得失敗の時の対処法も解説

Nobilista Lite(ノビリスタ ライト)

Nobilista Lite(ノビリスタ ライト)は、特定キーワードのGoogle検索順位を5つまでチェックできる便利ツールです。
1日3回までなら無料で利用できます。

PC・モバイル版それぞれのデータを取得でき、そのデータをCSVでダウンロードすることも可能です。
Nobilista Lite(ノビリスタ ライト)の順位取得の仕組みは、クラウド型順位チェックツール「Nobilista(ノビリスタ)」を応用しており、精度の高さが特徴です。

複数のキーワードを検索順位をまとめて取得できるので、まだサイトを立ち上げたばかりでコンテンツ数が少ない場合にはNobilista Lite(ノビリスタ ライト)でも十分でしょう。

一方、コンテンツ数が増えてきて、大量のキーワードの検索順位をチェックしたい場合は、Nobilista(ノビリスタ)への移行を検討することをおすすめします。

なお、現在有料版Nobilista(ノビリスタ)も7日間無料で利用できるトライアルを実施中です。
気になる方は無料トライアルを試してみてください。

クレカ登録不要で7日間使い放題

公式サイトで詳しく確認する

SEO無料チェックツールの活用方法

SEOチェックツールは導入するだけでは意味がありません。
どのように活用するかで期待できるSEO効果が異なります。

ここでは、SEO無料チェックツールの活用方法を紹介します。

  1. SEO対策のキーワードを選定する
  2. 記事公開前にコピペ(重複コンテンツ)チェックツールを使う
  3. 記事公開後はキーワード順位計測ツールを毎日確認する

1つずつ詳しく見ていきましょう。

SEO対策のキーワードを選定する

ブログ記事などのSEOコンテンツを作成する際は、キーワード選定が重要です。
キーワード選定ツールを使うことで、特定のキーワードの検索ボリュームサジェストキーワードが調査できます。

検索ボリュームはキーワードの需要を調べるのに重要です。
例えば月間で10回しか検索されていないキーワードと1万回検索されているキーワードでは、当然後者の方が需要が高く、必要とされている情報だということがわかります。

さらにユーザーが満足できるような良質なコンテンツを作成するには、サジェストキーワードを上手く使うことが大切です。

例えば「SEO対策」というキーワードのサジェストキーワードには「やり方」「費用」「何をすればいい」などがあります。
サジェストキーワードはユーザーが求めている情報なので、これらのサジェストキーワードを見出しに加えることで満足度の高い記事が作成できるでしょう。

ラッコキーワードやキーワードプランナー等のキーワード選定ツールを使い、しっかりとキーワード選定を行い、質の高い記事作成の準備をしましょう。

SEOキーワード選定のやり方・コツとは?初心者に役立つ便利ツールも紹介

記事公開前にコピペ(重複コンテンツ)チェックツールを使う

記事公開前はコピペチェックツールを使いましょう。
本記事で紹介したコピペ(チェックツールは以下の2つです。

  • CopyContentDetector
  • こぴらん

コピペ(重複コンテンツ)チェックを行うのはSEOの観点から見てもコピペによる悪影響が大きいからです。

  • Googleペナルティの対象になる
  • 検索結果から除外される
  • ユーザーからの信頼・信用を失う

特に専門性の高い記事やキーワードに対する情報が少ない場合、同じ情報元からしか情報を取得できず、無意識に重複した内容になりやすいです。
たとえ悪気はなくてもコピペの疑いがある記事を公開すると、様々なトラブルに繋がる恐れがあるので、記事公開前に必ずコピペチェックを行いましょう。

無料コピペチェックツールおすすめ7選!仕組みやチェックのやり方、一致率・テキスト間判定の目安も紹介

記事公開後は検索順位チェックツールを毎日確認する

記事公開後は、キーワード順位計測ツールを毎日確認しましょう。
SEO対策をする上で、Google検索の順位はアクセスに大きな影響を与えます。

検索順位が高ければアクセスが増えやすく、検索順位が低ければアクセスは増えません。
検索順位は毎日細かく変動するので、キーワード順位計測ツールで毎日確認し、常にサイトを改善し続けることが大切です。

まず最初に目指すべきなのは、検索順位1位~10位(1ページ目)に表示させることです。
記事公開から3~6か月経過しても、なかなか順位が上がってこない場合は、記事の品質に問題がある可能性が高いので、リライトを実施しましょう。

なお、代表的なキーワード順位計測ツールとして、当社で開発・展開中の「Nobilista(ノビリスタ)」が挙げられます。
Nobilistaは365日自動的に大量のキーワードの順位チェックを行うツールです。
興味がある方は、ぜひ以下より覗いてみてください。

クレカ登録不要で7日間使い放題

公式サイトで詳しく確認する

検索順位チェックツールおすすめ6選!無料・有料版の違いや選び方を解説

SEO無料チェックツールの利用時の注意点

無料で利用できるSEOチェックツールは非常に便利ですが、利用時に注意するべきこともいくつかあります。
ここでは、SEO無料チェックツールの利用時の注意点を3つ紹介します。

  1. まずは無料ツールだけでも十分
  2. ツールを使っても必ず成果が出るとは限らない
  3. コンテンツの質が最重要

1つずつ詳しく見ていきましょう。

まずは無料ツールだけでも十分

SEOチェックツールには、無料のものと有料のものがあります。
有料ツールは無料ツールよりも調査できるデータの量や質が高いですが、無料ツールでもSEO対策に必要なデータは取得可能です。

いきなり有料ツールを導入すると、使いこなせずに無駄にしてしまうことも多いです。
そのため、まずは無料チェックツールを使用してみて、必要に応じて有料ツールへの移行を検討しましょう。

SEOツールおすすめ16選!無料・有料、Google公式ツールまで価格や機能を比較

ツールを使っても必ず成果が出るとは限らない

SEOチェックツールを導入しても、必ず成果が出るとは限りません。
あくまでSEOチェックツールは、SEO対策の効果測定による現状把握や、改善点の発見を効率化するものであり、そのデータをどのように活用するかでその後の成果が異なります。

実際に、SEO対策を行っているサイト運営者のほとんどがSEOチェックツールを導入しているため、それだけでは差別化を図れません。

SEOチェックツールで取得した情報を元にWebサイトを改善し続けることが重要です。
狙ったキーワードで上位表示されるまであきらめずに、PDCAを回していきましょう。

Nobilista
記事コンテンツSEO対策
100のチェックリスト

無料でダウンロードする

チェックリストイメージ図

無料でダウンロードする

コンテンツの質が最重要

SEOチェックツールを使用しても上位表示されないのは、コンテンツの質に問題があるかもしれません。
SEO対策で最も重要なのは、コンテンツの質です。

Googleは企業理念として「ユーザーファースト」を掲げており、ユーザーのニーズを満たすコンテンツを高く評価しています。

ただ単に記事のボリュームを増やすのではなく、ユーザーが抱える悩みや疑問を解決する方法を提供する必要があります。
コンテンツの質を高めるコツは、上位サイトの情報を全体的に網羅しながら、それに加えて独自内容を盛り込むことです。

注意点として、上位サイトのコンテンツを網羅するだけでは、検索順位を大幅に上げるのは難しいです。
上位サイトにはない独自性のある内容を盛り込むことで、上位サイトとの差別化が図れて、上位表示を狙いやすくなるでしょう。

良質なコンテンツとは何か?Googleの定義や作り方のポイントを解説

7日間0円トライアル実施中!

※クレジットカードの登録は不要です。   
※トライアル終了後の自動課金はありません。